スポンサードリンク

アンチ・ワクチン運動の危険性とインフルエンザについて

このエントリーをはてなブックマークに追加
  2011年04月07日  | 0comments  | 政策>いのちを大事にする政治



377 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 06:54:35.32 ID:O2vW1CnT
http://www.time.com/time/health/article/0,8599,2053517,00.html
The Dangers of the Anti-Vaccine Movement  By Meredith Melnick Thursday, Feb. 24, 2011
アンチ・ワクチン運動の危険性について By Meredith Melnick  TIME

22日に、アメリカ最高裁判所はワクチン接種によるとワクチンメーカーを訴えていた障害児の家族の訴訟について
メーカーに有利な裁定を下した。こうした訴訟事件もあって、近年では、自分の子どもへのワクチン接種を拒否する
家族が出てきており、なかには地域で集団的なワクチン接種拒否が起きているケースがある。これは大変憂慮す
べき現象で、実際問題として、それらのワクチン拒否集団に、時代錯誤のような昔の病気の多発するケースが生ま
れている。ワクチン接種拒否というのは、それ自体は目新しいものではなく、ワクチンの摂取という手法への反発は
1700年代にも発生している。ワクチンの接種という治療行為は一部の人にいわれなき恐怖心を起こさせるところが
あるようで・・(後略)

Dr. Paul Offit, Chief of the Division of Infectious Diseases and the Director of the Vaccine Education Center at the
Children's Hospital of Philadelphia, has seen the consequences: preventable childhood deaths, community outbreaks of
outdated diseases and misinformed, angry parents. In conversation with TIME and in his recent book, Deadly Choices:
How the Anti-Vaccine Movement Threatens Us All, Offit describes the origins of our squeamishness with inoculation
and why we should fight against it.

Vaccines don't cause autism or brain damage, so when Barbara Loe Fisher or J.B. Hanley or Jenny McCarthy or Jim
Carrey or Bill Mahar argue for safer vaccines, you can't make those vaccines any safer using their definition because
vaccines aren't unsafe using their definition. Vaccines don't cause autism, so you can't make them safer by making
them not cause autism.

▼ 382 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 08:06:58.25 ID:LUxa1VFg
>>377
変態新聞みたいなのが何か煽ってたりするのかな?

▼ 391 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 09:26:00.71 ID:PFaSVsGy
>>377
日本でも、アンチ・ワクチン運動ってありますねぃ。
ホメオパシーとか好きな人に多い印象がありますが、
麻疹だと80%切ると、大規模な集団感染を起こすとか。
私は、ある種の強制力を伴って公衆衛生管理は行われるべきと思いますが、
行きすぎればハンセン病の問題とも絡むだけにねぇ。

383 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 08:17:47.30 ID:Q+sbkpje
学校での集団予防接種を潰したのってPTAだっけ?
近年のインフルエンザの流行で学級閉鎖頻発って間違いなくこれの影響だと思うんだが、
潰すことでなんかメリットあったんだろうか。

▼ 392 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 09:31:09.59 ID:kadHpBDT
>>383
去年学級閉鎖が多かったのは新型への危機感から学級閉鎖の基準をバカ低くしたから
1クラスに2人以上で閉鎖決定とかだった
今シーズンは基準が元に戻って栃木県については閉鎖数は例年並みかな

▼ 456 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 18:04:40.07 ID:qR/9w+52
>>383
あの当時、予防接種で亡くなった(か、重体?)子が何人か出て、副作用が問題になってなかった?
それと、集団接種による予防効果にも疑問が出てきた。

インフルエンザの予防接種が実際効果あるとしたデータって、存在しないと聞いてるけど‥

384 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 08:48:39.26 ID:b5NblWC5
二昔前以上に小学生だった人間だが
確か当時は注射は消毒して回し打ち当たり前だし
インフルエンザあたりは全員接種だった希ガス
んで症状が激化して脂肪する生徒が出たとかで
署名とかやって全員接種は廃止になったんじゃなかったかな
回し打ちが廃止になった経緯はエイズがらみかもしんない
昔のことなんでそこらへんあやふやだす

▼ 386 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 09:00:49.12 ID:giuqaco1
>>384
うち回し中止は肝炎予防が元だよ。

▼ 397 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 10:13:42.77 ID:Lhyaf4zE
>>384 >>386
これも加えといて
70年代の「筋短縮症」騒動が発端となり『注射の功罪』が論じられる
http://www.mi-net.org/yakugai/dacases/injection/injreduction.html


388 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 09:02:29.42 ID:LS2R87ax [2/5]
集団予防接種が無茶無茶叩かれるようになったのは、MMR(麻疹(measles)、流行性耳下腺炎(mumps)、風疹(rubella))
の副作用の無菌性髄膜炎の訴訟で、応援団とバックのぁゃιぃ団体が暗躍したから。

そのせいで日本の麻疹の流行は、先進国とは思えない状況が続いています。
高校生が海外修学旅行へ行って相手国で発症〜全員が隔離されて足止めとか。
だから最近は、入国時に「予防接種を受けています」の証明書が必要だとか。

流行のなくなった国ではワクチンの追加接種が必要だけど、日本じゃまだ全員にやっていないしね〜

400 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 10:38:01.45 ID:GW0nWwEr [1/3]
ワクチントーク
http://www.ne.jp/asahi/kr/hr/vtalk/
ジャパンマシニスト社
http://www.ne.jp/asahi/kr/hr/vtalk/

予防接種義務化反対で頑張る人達。
公衆衛生(数%の犠牲者を出しても大規模流行を防ぐ)より
副反応被害から子供たちを守ることを優先しろ!
ってことかな。
そういやカンガエルーネットってサイトもまだあったっけ。

401 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 10:40:18.51 ID:GW0nWwEr [2/3]
間違えた。ジャパンマシニスト社はこっち。
http://www.japama.jp/

423 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 13:12:04.16 ID:cNLoNATj
親の立場からすると、義務的に接種した予防接種で我が子に後遺症や
死亡は耐えられないって心情も分かるけどね・・・罹患しての結果なら
親として子の管理が至らなかったとか、運が悪かったで心の整理が出来なくもない。

予防接種義務化なら、手厚い補償制度も同時に構築しないと。


▼ 425 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 13:16:19.73 ID:GL3jahM4
>>423
「他人んちの子が死んでも構わないけど、うちの子に何かあったら絶対許さない」

www

▼ 426 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 13:20:15.09 ID:cNLoNATj
>>425
心情も分かる = 予防接種義務化反対!!!となる君の脳内にびっくりだ。

▼ 427 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 13:21:41.66 ID:XVc0R987
>>425
自分も基本的には>>423の意見に賛成だな。
数%の犠牲があっても大多数を守るという方針で予防接種を行う。
そのかわりに数%の犠牲に対して大多数が負担し、何らかの補償を行う。
って感じはシンプルでいいと思うけどな。

▼ 430 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 13:35:35.94 ID:GW0nWwEr
>>423
予防接種義務化なら、手厚い補償制度も同時に構築しないと。

あるよ。
予防接種法
http://www.mhlw.go.jp/topics/bcg/hourei/1.html

死亡した場合は遺族年金や葬祭料まで支給される。
あと伝染病に自然感染すると周囲に病気をばらまく。
予防接種ならその心配がない。
この違いをわかってないと。
ある小児科の先生が予防接種反対の考えに対して
「子供たちを殺人犯にするな」と
書いてたけどまさにその通りだと思う。

▼ 445 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 15:35:01.62 ID:GWPramTB
>>430
「子供たちを殺人犯にするな」だと????って反応あったけど
「子供に兄弟姉妹・友達殺しをさせるな」だと理解できたみたい

428 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 13:29:27.09 ID:vqKoDlpN [1/2]
生ワクチンだと、予防接種で罹患したか、予防接種をしないことで感染したか、の立証を
しないことには補償のしようがないんだから、現行の国賠法でも変わらんだろう。

433 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 14:14:43.36 ID:XID5tZQq
予防接種は死亡確率が高い疾病を義務化で良いと思うんだがな〜。
あの新型インフルの時に狂ったように我が子に接種させてた親は何だったんだろなw

▼ 461 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 19:05:10.76 ID:fDQCqCSG
>>433
後遺症がのこるのもね

434 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 14:36:08.79 ID:MrSQa158
丁度今、子供がインフルエンザにかかっているウリが通りますよっと。
例年は予防接種してたけど、去年、新型の時にちょっと怖くてワクチンを打たなかったけど感染しなかったから、油断して今年打たなかったらこの有り様。
タミフル飲み始めたらあっという間に熱が下がったけど、それまでは脳症とかの心配もしたし、今も、生まれてまだ数ヶ月の下の子にうつらないかとヒヤヒヤしてます。
やっぱりある程度安全性があるなら予防接種は受けた方がいいなと実感してます。

440 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 15:01:58.67 ID:77lMdIFC [4/4]
タミフル報道は凄まじさが有ったな。
薬関係はCMのお得意様だからもっと広告だせという意思表示かねぇ

457 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 18:15:09.70 ID:tcyWqMDv
実験したとして、ワクチンなしの群で死者が多かったら誰が責任とるの?


▼ 459 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 18:24:19.95 ID:VwHViNLW
>>457
親の責任、になるんじゃないの?幼児の接種を受ける受けないは
親が決めることだしそこまで国に責任を波及させる問題じゃない


458 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 18:23:22.33 ID:qR/9w+52 [2/2]
前橋レポート。
http://www.kangaeroo.net/D-maebashi-F-view-r-R-no-200408_admin_message.html

これがどうやら集団予防接種廃止のきっかけとなった報告書みたいですね。

462 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 19:49:42.60 ID:NJvYjNR+
追跡調査とかできないの。
接種した子供としなかった子供の、その後の罹患死亡率とか。

▼ 463 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 20:03:18.76 ID:fDQCqCSG
>>462
それは日常的にやってる。
国が保険適用してるのは、例外なく確実な効果が認められたもの。
当たり前だけど。

でも、問題が二つあって、一つ目はそれでわかるのは予防接種を受けない方が
危険だって言うことであって予防接種を受けたら危険はないってことじゃない。
ファナティックな予防接種否定派は後者しか見ない。

もう一つ、予防接種を受けてない子どもが罹患したらそれはバカな親の責任だけど、
予防接種を受けさせて後遺症が出たらそれは国の責任になる。
国としては前者の方がはるかに楽。

▼ 469 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 21:54:19.84 ID:Q+sbkpje
>>463
保険が適用される予防接種ってどんなのがあるの?
インフルエンザとか一般的なのは自費だけど。

▼ 476 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 22:28:39.25 ID:fDQCqCSG
>>469
ごめん助成。ついでに主体は地方自治体か

ジフテリア・百日咳・破傷風、BCG、ポリオ、麻しん、風しん、日本脳炎、水疱瘡
あたり

▼ 471 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 22:03:30.48 ID:vqKoDlpN
>>463
>もう一つ、予防接種を受けてない子どもが罹患したらそれはバカな親の責任だけど、
>予防接種を受けさせて後遺症が出たらそれは国の責任になる。
>国としては前者の方がはるかに楽。

追い詰める時に、逃げやすい出口を用意する手口にまんまと誘導された形だよな。
原告団及びその背後の特亜政府&民主党にとって、一人でも多くの児童が罹患して
日本人の若年人口を減らし、特亜人植民の障害を取り除くことが目的だから。

▼ 486 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 23:45:36.17 ID:4rnyYaiK
>>471
右側から陰謀論w


478 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 22:49:40.32 ID:paWJS4hZ
予防接種は魔法のクスリではないような・・・やれば必ず病気が防げる
わけじゃないと思います。
結局は本人の免疫力だのみで、あらかじめ抗体を作らせておくというだけなんでしょう。
だから一番考えねばならないのは、本来持っている免疫力を普段からいかに
強化すべきではないですかね。免疫が弱ってる子にワクチンを打つと重症化したり
最悪死んでしまうことがあるのはそのせいでしょう。
それを踏まえたうえでないと予防接種が両刃の剣化してしまうと思うんですが。
被予防接種者といえども保菌者はいるでしょうしね。

▼ 480 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 22:59:17.97 ID:C8lxFM7a
>>478
疫病や防疫を国全体で考えた場合、「如何にリスクを減らすか?」という観点では、
予防接収というのは取り得る手段の中では最も現実的で、効果がある。結局はそうとしか言えないと思うんですね。

▼ 484 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 23:12:58.00 ID:paWJS4hZ
>>480
書き方が悪かったと思うんですが、予防接種を全面否定してる
わけではないんですよ。有効なのはわかってるつもりです。
免疫を強化するっていってもやり方も色々あろうし
あっても全員がしっかりやる保証もないしね。
私は西式とかかじってますが、あれですら皆にやれとはいえないし。
しかし上の議論を拝見していると、とにかく打っときゃ大丈夫だと
考える傾向が強すぎるような気がしてああ書いたわけです。
たしかに注射否定派にはアカっぽい連中が多くてアレですが、
一理あったりもするんですよねぇ。


▼ 487 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 23:50:28.42 ID:C8lxFM7a
>>484
にゃー、自分も言葉が足りなかったかもです。
よく分からないモノを身体の中に入れたくない、とゆーのが純粋に予防接種を否定する人の思いなのは分かるし、
打つ人の、個々それぞれの事情を考えれば「こりゃ打たない方がいくね?」って事もあるのは事実です。
ただ、そこら辺の個人の考えや事情を際限なしに考慮できるほど、国家にとっての防疫というのは易しいものではなく、
そして予防接種を国民に一通り打っておけば、その結果副作用で若干の死者が出ても、
万が一の疫病の大流行→国家あぼーん、な事態だけは避けられるというのが国家としての基本的な考え方かと。
自分もその考えの上で予防接種を語っているので、まあ、話している対象について微妙にお互い違うんだと思いますorz

483 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/26(土) 23:08:32.69 ID:4f8g0Ivu
インフルエンザワクチンの有効性に関して。
リンク先は専門家向けですが、有効性に関するエビデンスが多数紹介されています。

内科開業医のお勉強日記
http://intmed.exblog.jp/1555500





人気ブログランキングへブログランキングはじめました。我が党の素晴らしさを広めるためにクリックお願いします___
政策>いのちを大事にする政治 の最新記事 震災前に問題視されていた年金の救済措置の問題 無保険で受診遅れ、71人死亡 「制度崩壊」と民医連 40年売った薬、効果なし? 武田薬品が自主回収へ[02/21] 他 厚労省、主婦の救済手続き停止 年金資格切り替え忘れで[02/24] 外国人医師の受け入れ手続き簡素化へ…厚労省[02/13] 他 集中検討会議 経団連などが試案説明 与謝野氏「最低保障年金導入は30〜40年先」 他 不審死・変死について 民主年金案は破綻=枝野氏「移行は40年後」−小泉氏が追及[02/07] 他 若者の社会的孤立が増加 「無縁社会」を踏まえ菅直人首相「孤立化や貧困、自殺のない社会を作ることは極めて大きな課題だ」 他 生活保護世帯最多 法改正へ[02/06] 他 社保改革で集中検討会議、消費税率含む財政再建策も論議へ 他 新年金制度、マニフェストにこだわらず 首相が答弁 他 柳沢氏:社保財源に消費税10%超必要、与謝野氏に協力−インタビュー 他 全国B型肝炎訴訟 政府、札幌地裁の示した和解案受け入れを28日に正式表明へ[01/28] 他 年金支給額0・4%引き下げ…6月分から[01/28] 他 イレッサ裁判首相が最終判断 他 年金支給年齢上げ、論議せず=社会保障・税の一体改革で―与謝野経財相 他 イレッサ訴訟、国が和解勧告拒否の方針 他 B型肝炎訴訟:救済財源「まったく白紙」枝野官房長官[01/22] 他 定年延長されれば、年金支給年齢引き上げも 与謝野馨経済財政担当相 他
posted by J・P・ポポナレフ at 15:00 2011年04月07日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政策>いのちを大事にする政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※言及リンクのないトラックバックは受信しますが、ここの管理人から非難の言葉を投げられることがあります。覚悟の上でお願いします。
この記事へのトラックバック

最近の記事一覧

Powered By 我RSS

Twitter・はてブで人気の記事


LogPo!2chねとしん(インターネット新聞)まとめじゃ!R-navi2chまとめちゃんねるまとめちゃんねるまとめちめちゃんねる by 2ch
Powered By 画RSS
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。