スポンサードリンク

「過酷な仕事」覚悟でシー・シェパードに参加する人たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
  2011年03月05日  | 0comments  | 政策>農業・漁業_



299 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 16:50:56 ID:Uej9th41
「過酷な仕事」覚悟でシー・シェパードに参加する人たち
2011年02月09日 16:01 発信地:シドニー/オーストラリア


 【2月9日 AFP】業務内容の説明は「給与なし、長時間勤務、重労働、危険な職場環境、悪天候多し」と、
人を寄せ付けないものがある。特に職場環境は過酷で、ある日誰かが「勤務中」に死ぬのではないかと
当局に心配されている。

 しかし、そびえ立つ波やうなる風、そして南極海で活動する日本の調査捕鯨船に立ち向かう覚悟を
ジョージー・ディックス(Georgie Dicks)さん(23)が持っていなかったら、
彼女は活動家として志願していなかっただろう。

「いつだって前線で命をはっているし、それができないのなら、ここにいるべきじゃないのよ」と、
ディックスさんは「スティーブ・アーウィン(Steve Irwin)」号の船上でAFPの取材に語った。
スティーブ・アーウィン号は米国の環境保護団体シー・シェパード(Sea Shepherd)の抗議船だ。

▼ 300 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 16:51:10 ID:Uej9th41
>>299

■「クジラを救いたい」と集まる毎年1000人の人びと

 クジラたちの生涯を日本の食卓で終わらせまいと、シー・シェパードの抗議船には
毎年およそ1000人の応募がある。

 この抗議船の乗組員になるということは、地球上で最も荒涼とした地域で数か月間を過ごすということだ。
しかし一方で、一生に一度の経験をする機会ともいえる。「不平不満を言う人、ふかふかのマットレスが
好きな人、それに弱虫」は応募しないでいただきたい、というのがシー・シェパードの姿勢だ。

 ディックスさんは、これまでの活動を振り返り、南極海の流氷を砕いて船が進むときや、
1月初めに日本の調査捕鯨船と衝突したときなどが最もスリリングだったと語る。

「ええ、とんでもなく怖かったわ」とディックスさんは認める。
「でもね、人は物事を受け入れていくものよ。あれは、とっても緊張した1日だったわ。
とても興奮して、スリリングで、クジラたちを救うためにわたしが実際に何かしているんだって感じたわ」

 ディックスさんは、商業捕鯨の一時停止(モラトリアム)の抜け穴を利用して「科学的調査」の名目で
クジラたちが殺されていくのを防ぐことができるならば、それにともなう危険は必要な代償だと語る。
「クジラを救うこと、それはわたしが6歳のころからやりたかったことよ」。
ディックスさんは甲板員として、ほとんどの時間を船の清掃に費やしている。

▼ 301 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 16:51:27 ID:Uej9th41
>>300

■「惑星を守るため」過酷な衝突に身を捧げる

 シー・シェパードは捕鯨船に激しく衝突することで知られている。ポール・ワトソン(Paul Watson)
船長の下、過去7度の遠征で活動家たちは、クジラと銛(もり)の間にわが身を何度も投げ出してきた。

 日本の捕鯨船に対するシー・シェパードの妨害活動が激化したのは2010年1月。SSの超高速抗議船
「アディ・ギル(Ady Gil)」号が、日本の調査捕鯨団の監視船「第2昭南丸(Shonan Maru II)」
と衝突し、沈没してからだ。

 南極海でのこうした激しい抗議行動中に死者が出る危険性もあると、当局では警告してきた。

 スティーブ・アーウィン号に乗った別のボランティア、ダグ・オニール(Doug O'Neil)さん(37)は
「危険があることは承知の上でここまで来た。危険な仕事であることも分かっている。それでも、
自分がしていることに幸せを感じるよ。子どもたちとその未来のためにこの惑星ってものを守りたいんだ」
語る。

 オニールさんはIT技術者としてのスキルを活用して、スティーブ・アーウィン号の広報を担当している。
「何かしなくちゃいけない、と思って応募したんだ。できることはなんでもやりたい」と語る。

▼ 302 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 16:51:35 ID:Uej9th41
>>301

■「直接行動が最も有効」と協力

 ケビン・マギンティ(Kevin McGinty)さん(47)は、SSの抗議船「ゴジラ(Gojira)」
に乗るボランティアだ。「こいつは凶暴な船だよ」と、真っ黒な船体のゴジラを前にマギンティさんは語る。
「悪天候なんかものともしないね」

 マギンティさんはオーストラリア西部で電気工事の請負業を小さく営んでいる。
港に停泊中のSS船舶の電気修理を行ったのがきっかけで、今年の抗議活動に参加したという。

 SSの活動は本来オーストラリア政府がやるべきことだ、マギンティさんは思っている。
「直接行動を戦略とするシー・シェパードは、地上で最も有効な保護団体だと思うね」と語った。

■「突然、受けた啓示」

 だが、マギンティさんでさえ、3か月にも及ぶことのある活動の過酷な条件には苦笑いする。
「無給できつい環境で働きたいなら、ここが絶好の場所だよ」

 ディックスさんも不自由に思うことがあると漏らす。
果物や野菜が食べられなかったり、風速40ノットの風や荒れた天気はつらいときもあるという。
けれども、SSへの活動を通じて決して忘れられない瞬間を体験した、と語る。

 冷たさが心地よいある晴れた日、船が氷を砕きながら氷山を進んでいるとき、
ナガスクジラとザトウクジラの群れが、急浮上してきたという。

「調査船が水平線の遠くに見えていて、とても奇妙な瞬間だった」とディックスさんは振り返る。
「辺り一帯にあの美しい動物たちがいるのを見て、あの調査船の人びとのクジラに対する考え方と、
わたしたちのクジラに対する考えが、まるで異なっていることに気づいて……突然、啓示を受けた瞬間だったわ」

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2784802/6753252

▼ 347 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 21:52:35 ID:Ezf6vS+U
>>301
ただの自己満足

303 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 17:02:26 ID:CmUcn7xv
宗教問題なんだよな、連中にとっては
牛がもっと荘重な外見だったらオーストコリアでも聖獣になれてたのにな

305 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 17:06:25 ID:7pHQufVX
19世紀以降、最も大量にしかも秩序なしにクジラ類を
殺したのは、英国を始めとする「白人たち」なんですがね。
日本人は食べますよ、もちろん。彼らは「鯨油」とって終わりでしたけどね。
その反動なのかもしれませんが、オージーに四の五の言われたくないですわ。

▼ 307 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 17:08:00 ID:9xXR065K
>>305
その理屈をあんまり全面に出すと
中国とか発展途上国の環境破壊、温暖化ガス排出に文句を言えなくなる

▼ 308 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 17:19:35 ID:7pHQufVX
>>307
それは判るのだけど、理不尽じゃございませんこと?
鯨(哺乳類)の捕獲に反対なさりながら、自国の主要産業って
肉牛(哺乳類)の輸出でございましょぅ?
牛さんの、あのつぶらな瞳、、、、、クジラさんとの差が
激しいわ。

▼ 312 名前:機動戦士Z安崎 ◆PJs55J94x. [sage] 投稿日:2011/02/09(水) 17:38:20 ID:3ojvJcX4
>>308
正直、捕鯨を本気でやめさせるにゃ「毎年都市ひとつの産業丸ごと全部補填する分のお金」を出せば済みますがね。
あくまで捕鯨だって産業であるわけだから年に数百億仲間内で集めれば鯨は助かると思いますがね。



まぁ、金たかる手段としての環境保護運動だからまずそういう発想にゃならんだろうがなw

▼ 422 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/10(木) 17:08:18 ID:dmS+qy2G
>>307
太平洋沿岸捕鯨に関してしえば、欧米の方が後発。
日本は縄文時代から捕鯨やってる。

後からづかづか入って来て、勝ってに荒して、必要ないから保護するとか
また日本人に殴られて鼻血だしてろって話。

▼ 343 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 21:17:35 ID:imt+LfeB
>>305
100年前まで原住民をハンティングの的にしてた連中に言われたくない罠


▼ 361 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/10(木) 00:38:37 ID:VYW8+G7V
>>343
陸で狩るのに飽きて海で狩ることにしたんですね

309 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 17:24:18 ID:T+ap7QZz
ございましょぅ?…ってw

310 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 17:27:51 ID:pNnMrZe+
さんざん繰り返されてきた、聞き飽きて凡庸な言辞を性懲りも無く繰り返してスレ潰しとは

▼ 367 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/10(木) 01:28:56 ID:mQKuOZxH
>>310
逆上さんかと思ったら外電さんだったw


313 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/02/09(水) 17:47:32 ID:U8BYULrn [2/3]
苛立ちは分かるが、民主党だと逆に海犬支援しそうだから、動かれても困るな。





人気ブログランキングへブログランキングはじめました。我が党の素晴らしさを広めるためにクリックお願いします___
政策>農業・漁業_ の最新記事 経産省の農業競争力強化策「行儀悪い」 農水副大臣[02/23] 他 シー・シェパード代表、日本向けクロマグロ漁に過激な妨害を予告 「我々は密漁を監視し、見つけたら網を切ってマグロを逃がす」[02/25] 他 NZ外相、シー・シェパード船寄港黙認の方針[02/19] 他 菅政権、農業保護方針見直しへ WTOとTPPで整合性[02/19] 他 調査捕鯨 妨害活動のため中止[02/18] 他 石川の牛、口蹄疫感染なし[02/12] 他 国全額補償で法改正検討 家畜殺処分、前農相[02/11] 他 家畜伝染病予防へ罰則措置 農水省、法改正で 他 「農地バンク」設立、政府が検討 農地の集約を進めるため売買や賃貸借を仲介 大規模化や新規参入促す[02/08] 他 シー・シェパードが7度目妨害行為 スクリューにロープ絡まる 被害は初[02/04] 他 日本、口蹄疫「清浄国」に復帰…国際機関が認定[02/05] 他 国有林、スギ伐採し広葉樹を自然の力で復元へ 菅首相「若者の農業離れ」を危惧 中国式の土地公有化を示唆 鳥インフル拡大に危機感=野鳥警戒、防護徹底を−政府・与党[01/27] 他 菅首相とソロス氏が会談=インドネシア森林保全で協力 他 豊橋の鳥インフル、教訓生かせず行政混乱 他 TPP参加しようがしまいが日本農業は廃れる 自給率より「稼ぐ農業」! イスラエル型農業の生産性は日本の50倍…田村耕太郎 他 鳥インフルの感染確認=1万羽殺処分、半径10キロで移動制限−宮崎[01/22] 他 鳥インフルで対策本部=民主[01/26] 他 農相訪問、隣り合わせで怒号 諫干開門派激励、反対派は抗議[01/24] 他
posted by J・P・ポポナレフ at 13:00 2011年03月05日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政策>農業・漁業_ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※言及リンクのないトラックバックは受信しますが、ここの管理人から非難の言葉を投げられることがあります。覚悟の上でお願いします。
この記事へのトラックバック

最近の記事一覧

Powered By 我RSS

Twitter・はてブで人気の記事


LogPo!2chねとしん(インターネット新聞)まとめじゃ!R-navi2chまとめちゃんねるまとめちゃんねるまとめちめちゃんねる by 2ch
Powered By 画RSS
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。