スポンサードリンク

米政府、雇用と成長促進のため規制見直しへ=オバマ大統領が寄稿 他

このエントリーをはてなブックマークに追加
  2011年01月29日  | 0comments  | 海外情勢>アメリカ



910 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/15(土) 21:24:42 ID:R48yYBX1 [28/34]
アルツハイマー「在任中から」=レーガン元大統領子息が証言−米
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011011500271

>元大統領がメモを読みながら電話する姿を見て「何かが起きているのを感じた」と振り返った

クダさんも...

827 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/16(日) 18:13:01 ID:xqxu8Dra [6/9]
アメリカの議会の基本情報

・上院(元老院)は州代表であり連邦全体にかかわる外交・内政を担当するとされる。
 条約の批准、大統領弾劾や官僚人事への拒否権など、上院にしかない権限がいくつかあり、やや優位。
 上院のほうが格上のため、大統領候補は知事・上院議員経験者なのが普通。
・下院(代議員)は住民代表であり人口比例の区割りにより選出される。
 地域間の調整のための議員であるというのが伝統的な考えであり、
 ギングリッチは「下院で連邦全体の政策を問う」手法で共和党に久々の勝利をもたらしセンセーションとなった。

99 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/12(水) 14:14:13 ID:Edd0+XqI [6/21]
(まんが)
A MEDIA GUIDE for the journalistically challenged.
http://www.investors.com/image/RAMclr-011211-murdereribd-f.jpg.cms

http://media.townhall.com/Townhall/Car/b/Foden20110110-PalinMediaTucson20110110034450.jpg

  
108 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/12(水) 14:31:32 ID:Edd0+XqI [8/21]
胡主席の今月下旬の訪米に先立って、米中関係の評論が目立つようになってきていて、これはNYT

http://www.nytimes.com/2011/01/12/business/economy/12leonhardt.html?_r=1
ECONOMIC SCENE
The Real Problem With China  By DAVID LEONHARDT  Published: January 11, 2011
米中関係の、リアルの問題  By DAVID LEONHARDT  

Mr. Hu’s state visit is sure to highlight the real tensions between the countries.

For the United States, the No. 1 problem with China’s economy is probably intellectual property theft.

Next on the list, say people who work in China or do business there, is the myriad protectionist barriers China has put
up. These barriers make this country’s recent efforts at “buy American” protectionism look minor league. In some
cases, Beijing has insisted that products sold in China must not only be made there but be conceived and designed
there. The policy goes by the name “indigenous innovation.”

The renminbi certainly matters, too.

Finally, both Republicans and Democrats can use Mr. Hu’s coming visit to emphasize ? to him and to the many
Chinese citizens who will be following ? just how frustrated many Americans are with the economy’s woes.
-----------------------------------------------------------------------------------------------
*誰かさんの言っていたように、最近の飴のリベラル紙は、全く中華に対して優しくない(w

161 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/12(水) 22:15:01 ID:Edd0+XqI
http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011011201001039.html
米長官、中国の文民統制に不信 戦闘機試験飛行で  2011/01/12 22:01 【共同通信】

ゲーツ米国防長官が12日までの中国訪問を終え、中国のシビリアンコントロール(文民統制)の在り方に不信を募らせ
ている。胡錦濤国家主席と11日に会談する直前に、人民解放軍が次世代ステルス戦闘機「殲20」試作機の試験飛行
を胡氏にも伝えず独断で実施したとみているからだ。

米政府筋によると、ゲーツ氏は米中間で安全保障面の信頼構築が遅れているのは、政治指導者と人民解放軍の意思
の乖離が原因とみていた。今回の試験飛行はこの疑念を裏付けたといえる。

「ステルス機の試験飛行をしたようだが」。ゲーツ氏は胡氏との会談で想定にない質問をぶつけ、中国側の思惑を探った。
胡氏は「予定されていた」としたが、対応ぶりから米側は胡氏を含めて会談に同席した文民が全員、事前に試験飛行を
知らなかったと判断した。(共同)

▼ 259 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/13(木) 09:35:42 ID:eLlxAoNs
>>161
全体主義の軍事大国にシビリアンコントロールを求めるとか?
共同の憶測願望記事か
コキントウがチベットで何やったか知ってるのか

478 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/14(金) 15:36:23 ID:jM/Yr+7R [1/2]
オバマ米大統領、月内に再選本部立ち上げ
2011年 1月 13日 10:21 JST

 ホワイトハウスは早ければ月内に、オバマ大統領の出身地であるシカゴに、
オバマ大統領再選本部を立ち上げると発表する。関係筋が明らかにした。

 このスケジュールについては、民主党内では早すぎるのではないかとの声も出ているが、
同党幹部はオバマ氏が最強の候補としての地位を確立し、また10億ドル前後に達するとみられる
選挙資金集めのため、再選キャンペーンを早期に開始する必要があると述べている。

 オバマ大統領は、昨年11月の中間選挙で大敗を喫した後、
無党派層にアピールできる超党派の指導者としてのイメージを確立しようとしている。
このため、ホワイトハウスに近い民主党の選挙専門家の中には、民主党候補としての
立場を打ち出せばイメージ変更の努力を損なうのではないかと懸念する向きもある。
加えて、シカゴに選挙本部を設置することについて、オバマ・チームがワシントンとシカゴに
分散されることになり、両者が対立する恐れも指摘されている。

 ギブズ大統領報道官、アクセルロッド大統領上級顧問、メシナ大統領次席補佐官の
3人は近く退任し、再選本部の中核としてシカゴに移動することになっている。
一方、前回大統領選でオバマ陣営の選対本部長を務めたデービッド・プラフ氏がア
クセルロッド氏の後任の上級顧問として10日ホワイトハウス入りした。
プラフ氏は、シカゴの選対本部との橋渡し役を務めるとみられている。

 民主党幹部によれば、再選本部は3月ないし4月上旬に本格的に資金集めを開始する見通しだ。

http://jp.wsj.com/US/Politics/node_169717

876 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 17:16:45 ID:nYJpQ1+t [3/3]
米政府、雇用と成長促進のため規制見直しへ=オバマ大統領が寄稿
2011年 1月 18日 14:36 JST

 【ワシントン】オバマ米大統領は、ウォール・ストリート・ジャーナルへの寄稿で、
経済成長を阻害する規制を撤廃するため、政府による広範囲の連邦規制見直しす方針を明らかにした。

 大統領はこの中で「過剰で一貫性がなく重複する規制を確実に避けるための」
見直しを開始する大統領令を発令する意向を示した。
特に「雇用創出を阻害し、わが国の経済の競争力をそぐ」規制に焦点を当てる方針という。

 これは、米国の大手多国籍企業による投資を促進し失業者を減らしたいとしている政府が、
国内企業との関係を修復させようとする動きの一環とみられる。

http://jp.wsj.com/US/node_171524

878 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/18(火) 17:53:58 ID:jdO7UHrR [12/16]
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748703396604576088272112103698.html?mod=WSJ_Opinion_carousel_1
Toward a 21st-Century Regulatory System By BARACK OBAMA

If the FDA deems saccharin safe enough for coffee, then the EPA should not treat it as hazardous waste.

For instance, the FDA has long considered saccharin, the artificial sweetener, safe for
people to consume. Yet for years, the EPA made companies treat saccharin like other
dangerous chemicals. Well, if it goes in your coffee, it is not hazardous waste. The EPA
wisely eliminated this rule last month.

One important example of this overall approach is the fuel-economy standards for cars
and trucks. When I took office, the country faced years of litigation and confusion because
of conflicting rules set by Congress, federal regulators and states.

The EPA and the Department of Transportation worked with auto makers, labor unions,
states like California, and environmental advocates this past spring to turn a tangle of
rules into one aggressive new standard. It was a victory for car companies that wanted
regulatory certainty; for consumers who will pay less at the pump; for our security, as
we save 1.8 billion barrels of oil; and for the environment as we reduce pollution.
Another example: Tomorrow the FDA will lay out a new effort to improve the process for
approving medical devices, to keep patients safer while getting innovative and life
-saving products to market faster.

ふ〜ん?

942 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 13:01:15 ID:2CWTWqcj
米医療保険改革法と金融規制改革法、規制見直しの対象外
2011年1月19日 10:13 JST

 【ワシントン】オバマ米大統領は18日、政府の各種規制の見直しを求める大統領令を出したが、
行政予算管理局(OMB)の当局者によると、同大統領の大きな勝利とされる医療保険改革法と
金融規制改革法はほとんど影響を受けないだろうという。

 OMB当局者は、今回の見直しでは古くて時代遅れな規制に焦点を当てるため、
最近成立した医療保険改革法と金融規制改革法の一部として成立した規制は影響を受けないだろうと
語った。オバマ大統領は古い規制を見直し、時代遅れか、不必要ではないかを判断するよう求めた。
同当局者は「新しい規制の見直しの優先度は低い」と述べた。

 オバマ大統領は経済成長を妨げる規制を撤廃する取り組みの一環として、政府機関に対し、
既存の規制を見直すよう求めた。同大統領はウォール・ストリート・ジャーナル紙への寄稿の中で、
「相反する規制やむだな規制、単にばかげた規制を根絶することもまた、われわれの使命だ」と述べている。

 一部の共和党議員と産業界はこの動きを歓迎した。米商工会議所のトマス・ドナヒュー会頭は
前向きな最初の一歩だとして大統領令を称賛する声明を出した。しかし同氏は米国の規制システムが
壊れていると指摘した上で、「大きな規制は全て見直しの対象とすべきで、それには最近成立した
医療保険改革法と金融規制改革法も含まれる」と述べた。

 議会は今週、医療保険改革法を無効にする法案について審議する予定だ。同法を無効にする法案は
共和党が過半数を握る下院では可決される見通しだが、民主党が支配する上院では否決される見通し。

 それぞれの政府機関は費用対効果の分析を用いて規制が負担となっているか、
時代遅れかを判断する。政府機関は120日以内に規制の見直し計画の詳細を決める。

 医療保険改革法と金融規制改革法は見直しから影響を受けない可能性が高いが、
ホワイトハウスのギブズ報道官は、両法が費用対効果の面で合格点をもらえるだろうと述べた。
OMB当局者は、金融規制改革法が大統領令を念頭に置いて成立したものだと語った。

http://jp.wsj.com/US/Politics/node_171957

▼ 945 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 13:32:17 ID:2CWTWqcj
>>942
【寄稿】21世紀型規制システム構築に向けて=オバマ米大統領
2011年 1月 18日 18:10 JST
http://jp.wsj.com/Opinions/Opinion/node_171666



944 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 13:28:07 ID:2CWTWqcj [4/5]
米下院議長が胡主席の夕食会を異例の欠席へ 対中強硬派に配慮か
2011.1.19 13:19
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110119/amr11011913200054-n1.htm

953 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 16:06:24 ID:jZbUAeR/ [8/17]
http://www.foreignpolicyi.org/content/fpi-analysis-time-strategic-reassessment-us-policy-toward-china
FPI Analysis: Time for a Strategic Reassessment of U.S. Policy toward China
January 17, 2011 | Foreig
アメリカの対中国戦略のリアセスメントの時  フォーリン・ポリシー

*対中政策の見直しを求めるもので正面から主要な対中課題を論じている
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2011/01/18/AR2011011805754.html
Hu faces an Obama administration more hard-nosed about Chinese government
By John Pomfret  Washington Post Staff Writer  Tuesday, January 18, 2011; 9:06 PM
胡錦濤主席はオバマ政権との会談で、今まで以上にタフな対応に直面するだろう  ワシントンポスト

Analysts say Hu is eager to burnish his legacy as a competent steward of China's ties
with the United States. But he will find an administration that views his government
with significant misgivings.

"Despite the positive rhetoric surrounding the Hu visit, the Obama administration today
has a greater sense of the limits of cooperation with China, said Daniel Kliman, a"
visiting fellow at the Center for a New American Security. "The administration will of
necessity continue to engage China on global and regional issues, but with diminished
expectations."

989 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 21:29:51 ID:jZbUAeR/ [11/17]
http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5h0qfZVQI6ilH4HNdNccjNUvjMCmA?docId=83e8e51430aa4084b160f43578dde1f6
AP sources: US, China in new nuclear security deal  (AP) ? 1 hour ago
胡主席訪米で、米中共同の「核安全保障センター」を中国に設立する構想を発表  AP

WASHINGTON (AP) ? U.S. officials say President Barack Obama plans to announce a deal Wednesday to step up
cooperation with China on nuclear security.
The agreement is to be signed by U.S. and Chinese energy officials during the visit of Chinese President Hu Jintao
(hoo jihn-tow). It would establish a jointly financed nuclear security center in China. The U.S. officials spoke on
condition of anonymity because they were not authorized to speak on the record before Obama's announcement.
The announcement comes as the Obama administration is looking for ways to ease tensions between the two world
powers over economic, trade and security issues.
The venture would be aimed at training to improve security at nuclear facilities and the accounting of nuclear materials.
米中共同のセンターは核施設の安全保障を向上させる訓練や核原料の(生産や在庫の)調査検証を行うものとされる

991 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 21:32:50 ID:jZbUAeR/
http://nationalinterest.org/commentary/hu-the-communiqu%C3%A9s-4734
Hu and the Communiques  Michael J. Green | January 18, 2011
胡主席とコミニュケ  Byマイケル・グリーン  ナショナル・インタレスト  18日

In the lead-up to Chinese President Hu Jintao’s state visit with President Barack Obama, two past architects of
America’s China policy called for the creation of a new intellectual framework to stabilize the increasingly perilous
U.S.-China relationship. Writing in the New York Times on January 2(“How to Stay Friends with China”), Jimmy
Carter’s National Security Advisor Zbigniew Brzezinski argues that Hu and Obama should “codify in a joint declaration”
the principles of U.S.-China relations “guided by the moral imperatives of the 21st century’s unprecedented global
interdependence.” In the January 15 Washington Post (“How to Avoid a Cold War with China”), former Secretary of
State and National Security Advisor Henry Kissinger recommends a U.S.-China “consultative mechanism that permits
the elaboration of common long-term objectives and coordinates the positions of the two countries at international
conferences.”
NYTの1月2日号に掲載された論文で、カーター政権の国家安全保障アドバイザーであったZbigniew Brzezinskiは米中が
新たな米中関係を規定するコミニュケを発表すべきと論じた。1月15日のワシントンポストにはHenry Kissingerが米中が
冷戦関係に陥る危険を避けるべきと論じた。

At first blush, these are very sensible proposals. Republican and Democratic presidents alike have sought not to contain
a rising China, but to convince Chinese leaders to use their growing economic and political power to help solve regional
and global challenges. Hu Jintao, like his predecessor Jiang Zemin, is essentially a Denghist, which is to say that his first
priority is “peaceful development” and a “harmonious society” at home. Hu needs to demonstrate responsible
stewardship of U.S.-China relations to legitimize his own legacy and the correctness of Deng’s decision to reform, open
and engage the United States three decades ago. The first three communiques (1972, 1979 and 1982) each helped in
turn to stabilize and define a more productive era in U.S.-China relations. Kissinger supervised the first and Brzezinski
the second, so they know of what they speak. Right now the State Department and NSC are reportedly hard at work on
a new draft communique with the Chinese side for Hu’s visit to Washington.
米中の三つのコミニュケ(1972, 1979 and 1982) は基本的にケ小平の現実主義に基づく。最初のコミニュケはキッシンジャー
が、二番目のものはブレジンスキーが関与した。伝えられるところでは国務省は胡主席訪米の合わせて新たなコミニュケを
準備中であるという。

992 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 21:33:44 ID:jZbUAeR/ [13/17]
On deeper reflection, however, it is both unlikely that there will be an enduring communique for this visit and perhaps
unwise to try too hard to create one. There are four reasons why:
しかし、新たな米中関係規定のコミニュケには疑問があって、以下の4つである。

First, as Brzezinski acknowledges in his op-ed in the Times, the first three communiques were shaped by common
Sino-American antipathy toward the Soviet Union. The thrust of each communique was therefore win-win for Beijing
and Washington. Brzezinski and Kissinger both suggest that the same common purpose could be harnessed against
global challenges such as climate change today. That was the expectation of the Obama administration in its first year
as well. But the administration learned at Copenhagen that China does not see issues like climate change as so clear
cut, particularly since (in the Chinese view) the developed countries’ solution for global warming would threaten
China’s own economic development. Moreover, the security challenges that drive Chinese thinking today are
overwhelmingly domestic first, followed by Taiwan and immediate external threats to Chinese security second, and then
global issues such as proliferation and climate change as only a distant third. Indeed, some regional issues that should
unite Beijing and Washington, such as North Korea’s nuclear proliferation, are proving increasingly divisive as Beijing
tolerates intolerable military provocations and weapons development by Pyongyang. We need candid strategic
discussions with Beijing on these issues, but it would be a stretch to argue that we are beginning from a common basis
of threat perception.
ブレジンスキーも述べているように過去の3つのコミニュケというのは対ソビエトの意識のもとに作られた。現在の中国の
外交政策は当時と大きく異なり、より内向きで台湾問題と中国自身の安全保障に優先順位がある。

Second, China’s political leadership cannot deliver on communiques today the way Mao and Deng could three and four
decades ago. Hu Jintao is now essentially a lame duck as the Chinese Communist Party heads into a leadership
transition in 2012. His presumed successor, Xi Jinping, has reportedly had his own accession delayed by the more
nationalistic leadership of the Peoples Liberation Army (PLA). Hu and Xi face nationalistic pressures internally that Mao
and Deng never faced. Meanwhile, Chinese leaders are having difficulty getting their arms around the PLA’s growing
capability and assertive attitudes on foreign policy?as U.S. Secretary of Defense Robert Gates found during his visit in
Beijing, when the PLA Air Force surprised the Chinese president by testing their new J-20 “stealth” fighter the day of
Gates’ meeting with Hu. We will see how Xi fares as leader, but for now there are structural problems in Chinese
politics and civil-military relationships that constrain what Chinese leaders can say in joint communiques and what they
can deliver afterwards.
毛沢東やケ小平の時代と異なって、胡主席は今日、レームダックのような存在であり人民解放軍などのナショなりステイック
な主張が増大し、中国の国際的姿勢は強硬化している。文民政府と人民解放軍との関係のあり方にも疑問がある。

993 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 21:34:25 ID:jZbUAeR/ [14/17]
Third, the Obama administration itself may be growing more wary of joint communiques. The president actually issued a
joint statement after his meeting with Hu in Beijing in November 2009 in the hopes of framing a more positive vision for
the future of U.S.-China relations in just the way Kissinger and Brzezinski advised in their recent op-eds. The verbage
in the November statement included appreciation of both sides’ “core interests” and a laudable list of areas of bilateral
cooperation. Almost nobody remembers the cooperative passages, but they do remember the statement on “core
interests” since Beijing seized on the phrase to dig in further on Tibet, Taiwan and Xinjiang and then sought in official
dialogue to expand “core interests” to cover areas not listed in the joint statement, such as the South China Sea.
Over the last year, U.S.-China relations were particularly bad as Beijing pushed Southeast Asia and Japan around on
territorial disputes and sided implicitly with Pyongyang after North Korean attacks on the South in March and November.
The joint communique probably did not cause this more assertive Chinese posture, but it certainly did not prevent it,
and many observers in the region have argued it sent unhelpful signals. In short, these communiques can be somewhat
risky if not backed by underlying convergence of views on the content.
オバマ大統領は2009年北京でブレジンスキーの望んだような共同声明を出している。ここには「中核的国益」の単語が
含まれ、それはチベットや台湾、新彊始め中国の領土権主張を意味する。このコミニュケは当時注目されなかったが、こ
うした単語の含まれるものはリスキーである。

Finally, a communique will likely fall short if it attempts to codify or institutionalize a bipolar condominium with China
based on the status quo in China’s political system. Why? Because the bet that U.S. strategists made in engaging
Beijing over the past four decades was that China itself would steadily change. Deng’s reforms and opening may have
created the most remarkable social transformation and wealth creation in the history of the world and the American
people have directly benefited from that. However, Chinese political reform has not kept pace and Beijing’s human
-rights record is arguably going backwards again. The American body politic will not support a U.S.-China relationship
that is framed as committing to the status quo in terms of China’s current political system and Hu is probably incapable
of crafting a vision that does anything but that right now, particularly given the Chinese leadership’s allergy to what it
considers “peaceful evolution” of the regime.
現行の中国の政治システムのもとでは中国との共同機構を創り上げることは困難である。中国の人権問題などの解決さ
れない現状があり、中国の政治改革は進んでいない。そうした現状とアメリカ政治とは上手くマッチしない。

994 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 21:35:08 ID:jZbUAeR/ [15/17]
All of that said?this summit is important. Even if this visit is unlikely to be transformational in terms of framing the U.S
.-China relationship, it could still prove indispensible in terms of reaffirming Obama and Hu’s commitment to building
more cooperative relations envisioned by Kissinger and Brzezinski in the communiques they oversaw while in office.
After the rough year in U.S.-China relations we just went through, that would be an important accomplishment.
胡主席の訪米は新展開をもたらすものにならなくとも、それでも米中首脳が会談することは両国関係にとって大変有益で
ある事に変わりはない。

996 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2011/01/19(水) 21:37:51 ID:jZbUAeR/ [16/17]
>>991−994
先に発表された、ブレジンスキーとキッシンジャーの、チャイナ・エンゲージメント(モア)論に対するマイケル・グリーンの
疑問というか、反論というか。これはこれで、たいへんまっとうと思える・・




人気ブログランキングへブログランキングはじめました。我が党の素晴らしさを広めるためにクリックお願いします___
海外情勢>アメリカ の最新記事 米「コンシューマ・レポート」雑誌、GMのVoltに批判的、'doesn't really make a lot of sense' デトロイト・ニュー.. 米大統領、婚姻擁護法の合憲性主張せず−同性婚を容認へ[02/24] 他 米下院、連邦政府歳出から610億ドルの削減を可決[02/19] 他 連邦政府機関が閉鎖の危機、予算めぐる対立で 米国[02/23] 他 10年間で1.1兆ドルの赤字削減へ=オバマ大統領が予算教書[02/14] 他 2012年の大統領選挙にむけて、オバマ・ホワイトハウスはネットのメディア戦略を開始[02/16] 他 米、住宅金融2社の廃止検討 抜本的な改革案発表へ[02/09] 他 ギャラップ世論調査:オバマ大統領の財政赤字対処への不支持率が過去最高に[02/09] 他 1月の米非農業部門雇用者数は+3.6万人、失業率9.0%=労働省−アメリカ[02/04] 他 オバマ氏、キリスト教徒として語る ワシントンの演説で[02/04] 他 オバマ米大統領「直面する課題は、政党や政争よりも重大」 共和党に責任共有迫る−一般教書演説[11/01/26] 他 中国から高速鉄道について学ぶべき=オバマ米大統領 サーチナ 1月30日 他 “ペットのネコ”が陪審員に 飼い主が辞退の返答するも、裁判所に認められず―アメリカ 他 故ケネディ大統領の理想主義を称賛 就任50年でオバマ氏[01/21] 他 【米国】中国叩きの大嵐、対立激化の議会で対中「超党派」が実現[01/20] 他 米議員乱射、政治対立の過熱背景 保守派に批判も 他 米ゴールドマンCEO、グルーポンIPO幹事獲得で売り込み−関係者[01/15] 他 オバマ政権のアジアチームに、大きな変化が起こりそうなのだが  By Josh Rogin 他 米連邦債務は3月末にも上限到達、金融危機上回る損害も=財務長官[01/07] 他 アリゾナの議員銃撃事件と血(に飢えた)リベラルのポリティクス By GLENN HARLAN REYNOLDS 他
posted by J・P・ポポナレフ at 19:00 2011年01月29日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情勢>アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※言及リンクのないトラックバックは受信しますが、ここの管理人から非難の言葉を投げられることがあります。覚悟の上でお願いします。
この記事へのトラックバック

最近の記事一覧

Powered By 我RSS

Twitter・はてブで人気の記事


LogPo!2chねとしん(インターネット新聞)まとめじゃ!R-navi2chまとめちゃんねるまとめちゃんねるまとめちめちゃんねる by 2ch
Powered By 画RSS
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。