スポンサードリンク

現行のユーロには三つの矛盾(inconsistent condition)があるという。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  2010年11月30日  | 0comments  | 海外情勢>EU



54 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 07:38:27 ID:mt3lTvK+
ポルトガル、ユーロ離脱発言


▼ 103 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 08:47:03 ID:LXQAuMUL
>>54

> ポルトガル、ユーロ離脱発言

ソースよろ

▼ 116 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 09:01:58 ID:mt3lTvK+
>>103
Portugal Foreign Minister Warns of Euro Exit
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704393604575614441403968942.html


▼ 119 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 09:04:12 ID:qUc/GAgT
>>116
うわ
マジか

▼ 133 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 09:24:15 ID:x/EEKNyt
>>116
あー

▼ 135 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 09:30:58 ID:3kyWpkxl
>>116
つか、自国通貨の再流通って簡単にやれるものなのかねぇ?

109 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 08:52:17 ID:PqDoXvFU
> アイルランドをめぐる懸念で、他のユーロ圏周辺国が受けている圧力も和らいでいない。
> 次の支援要請候補とみられているポルトガルの外相は13日、与野党が一丸となって危機に対処しなければ、
>ユーロ圏離脱という事態に追い込まれると危機感を表明した。

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK879104920101114

これか。

▼ 118 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 09:03:43 ID:LXQAuMUL
>>109

thx。
別に自ら離脱するって発言なわけじゃないのね。
  

319 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 01:49:09 ID:g86GeRF8
ポルトガルが金融支援要請の可能性 

ポルトガルがEUなどに緊急の金融支援を要請する可能性があると同国財務相。英紙電子版が報道。 2010/11/16 01:34 【共同通信】


EUもヤバイなw

▼ 321 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 01:50:26 ID:JW9mgqf1
>>319
昨日ポルトガルがEUからどーたらという英文ニュースを見たが、これのことかいのう?

▼ 332 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 01:58:41 ID:g5fZemfE
>>321
http://jp.wsj.com/World/Europe/node_148425
こっちじゃないの?

▼ 340 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 02:10:51 ID:JW9mgqf1
>>332
あっ、なんかこっちっぽい感じだった
英語よくわからなかったんだがたぶんこっち

▼ 325 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 01:53:30 ID:ypvt//Tc
>>319
ちげーよ
ダメリカがjすりまくって紙屑にしようとしてるから、負けじとEUもユーロを紙屑にしようとしてるんだよ!









デムパなんで信じないでくだしあ!

▼ 330 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 01:57:42 ID:RYXWsLuO
>>319 うわあ。南蛮貿易してる連中の青ざめた顔が見えるようだ。
うちのひとの会社も、ポルトガルとなんかやってたと思うけど、既に寝てるから、朝ごはん食べさせてから教えてあげようっと。

739 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 11:39:26 ID:TAA2Kc0y [15/21]
ギリシャ財政赤字が悪化
http://sankei.jp.msn.com/world/europe/101115/erp1011152255009-n1.htm

ポルトガルが支援要請の可能性 財務相が言及
http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010111501001028.html

アイルランド、救済受け入れへのEU説得に抵抗姿勢を堅持 (ウォール・ストリート・ジャーナル)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101116-00000003-wsj-bus_all


我が党はこの辺について何か考えて・・・る訳ないか

678 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/19(金) 00:42:09 ID:kgW2Lvfd [3/3]
政府から日銀までいつも注視していてくれるっていうのはこころづよいなぁぁぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁっぁあ

欧州利回り格差拡大など一部に不安定な動き、今後注視したい─日銀総裁=内閣府参事官
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-18244120101118

9 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 06:25:36 ID:PpUb1fRs
http://www.ft.com/cms/s/0/1ec6e60e-f022-11df-88db-00144feab49a.html#axzz15IFd53LQ
Irish elite keen to avoid humiliation By John Murray Brown in Dublin November 14 2010 19:14
アイルランドの指導者らは、EU/IMFの救済を受けるような恥辱を避けたいと考えている  FT、 14日

In Dublin on Sunday, Irish government ministers were sticking to the line that the country is fully funded until the
middle of next year and does not need to tap the European Union or the International Monetary Fund for a bail-out.
They have depicted any move to go “cap in hand” for outside assistance as a national humiliation, especially in a country
that fought for its political independence from Britain 90 years ago.
アイルランド政府の閣僚らは、国の財政があと半年は追加資金なしに運営できる資金余裕を持つとして、EU/IMFの
救済を受ける必要はないと日曜日に述べた。彼らは物乞いのような外部からの救済の受け入れに抵抗を示しており
特に独立運動に相手国であった英国に対してそうである(ry

http://www.nytimes.com/2010/11/15/business/global/15ireland.html?src=busln
Under Pressure Over Bailout, Dublin Defends Its Finances  By JAMES KANTER Published: November 14, 2010
アイルランド政府はEU/IMFの救済受け入れの圧力に瀕して、独立性の維持に努めている  NYT、14日


http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704865704575610941135666092.html
Ireland's Woes May Batter Euro; Fed Hurts Dollar By TAKASHI NAKAMICHI And KAREN JOHNSON
NOVEMBER 14, 2010, 9:51 A.M. ET
アイルランドの危機がユーロを押し下げているが、一法FRBはドル価値を低下させている  WSJ, 14日


Ireland's denials of any need to seek a debt bailout have only inflamed concerns that it could follow Greece as the next
touchstone for European sovereign-debt contagion fears. However, much of this was built into the market some time
ago, and with investors also considering how the Fed is flooding the market with dollars under its "quantitative easing"
program, the euro's downside may be limited.(ry

▼ 10 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 07:56:17 ID:5bNUqaT8
>>9
ならさっさとユロ脱退しろ、と言われないのかね?

▼ 11 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 08:47:51 ID:ICf9BOlU
>>10
むしろ、アイルランドの方がユーロ脱退したがってるのではないかな。
経済のことはよく判らないのでアレだけども、一国だけなら”破綻”させて0からやり直すとかできるみたいだけど、
ユーロに入っていてそれをするとボンバーマンのごとく爆弾連鎖が起きてしまい、かと言って勝手に脱退することも
できない具合にユーロ圏に組み込まれていて・・・・・・結局、ニッチもサッチも行かないようで。

結成された時は素晴らしい風に言われていたけど、結局は30人31脚みたいな感じなんだね、ユーロって。
で、それで数十メートルではなく、フルマラソンを走ろうと

12 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 08:57:23 ID:sC5zcSxx
ここで言われていた通りセルフ連環の計だよな

▼ 15 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 09:13:07 ID:5bNUqaT8
>>12
もしかしたらドイツやフランスの大国経済の恩恵に与れると考えたのやもしれないけど
現実はユロバブル発生→バブル弾けて財政がユロになる前より悪化。
意味がない…

▼ 28 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 10:15:09 ID:6RoHC3yG
>>15
一般的な組織論かもしれないけど、
そうやって組織にぶら下がるだけの人間が増えると、
ある閾値を越えたとたんに「大企業病」にかかるのかなあ、という気がします。

いや、日本の製造業もまったく他人事ではないのですが。

▼ 30 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 10:18:09 ID:/iV4tG8E
>>9
地中海クラブの面々はどう見てるのかなとか思う。

>>15
フランスもキツイかと。ちょっと前に年金受給年齢引き上げに
パイプライン止めてスト起こした為に、貯蓄安定した層なんかは
ガソリンガーッとか、自分達だって将来の事は考えていると言いながら、
学生も参加したデモとかあったでしょ。
大国経済の余裕と言うにはちょっとどうかと。


▼ 67 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 13:57:16 ID:JCjrC743
>>15
まぁユーロ圏ならば、そういう恩恵が得られるというのはあるのでしょうな。
この状況であれ、ユーロに入りたい国はあるでしょうし。
果たしてソレがいいのかどうかは兎も角。

13 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 09:00:31 ID:+JWMBwYF [2/12]
一国で景気がよくても足を引っ張られて道ずれにされるだろうし、夢がないなぁ。

21 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 09:56:57 ID:PpUb1fRs [2/8]
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/4848
アイルランドの不幸実利主義と気概で難局を乗り切れるか
2010.11.15(Mon) Financial Times


31 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 10:29:49 ID:5bNUqaT8 [5/24]
クダ研でヒロタ

Portugal Foreign Minister Warns of Euro Exit
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704393604575614441403968942.html


103 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 18:25:41 ID:PpUb1fRs [5/8]
http://news.www.infoseek.co.jp/business/story/15reutersJAPAN181876/
アイルランド、EU緊急資金を活用した銀行支援を検討=報道 (ロイター) [2010年11月15日17時49分]
 
[ダブリン 15日 ロイター] アイルランドは、欧州連合(EU)の緊急支援資金を活用した銀行向け支援を検討している。
アイリッシュ・インデペンデント紙が報じた。報道によると、レニハン財務相は、EUの緊急資金が国内銀行向けに拠出す
ることが可能かどうか、EUに要請する可能性がある。

報道では関係筋の話として「アイルランドのソブリン債は問題ないが、銀行の資金調達には疑問が残っている。銀行セク
ター向けに資金を融通できるかどうか、レニハン財務相は財務相会合でこの点を協議する」と述べた。

アイルランド中銀によると、欧州中銀(ECB)のアイルランドの銀行向け融資は、10月29日時点で1300億ユーロで、9
月24日時点での1190億ドルから増加している。

106 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 18:56:26 ID:PpUb1fRs [7/8]
http://www.ft.com/cms/s/0/ceca784c-f02a-11df-88db-00144feab49a.html#axzz15IMmZSyw
Fiscal union is crucial to the euro’s survival By Wolfgang Munchau November 14 2010 20:34
ユーロが永続するには、統合財政が不可欠なのだが By Wolfgang Munchau FT、14日 (要旨)

*ユーロの問題点について論じている。現行のユーロには三つの矛盾(inconsistent condition)があるという。
(1)ユーロは建前では加盟国の救済やデフォールトや脱退(“no bail-out, no exit and no default”)を認めない。
  しかしそれは不可能なので、現在起こりつつ有ることは加盟国のデフォールトを認める事による対処である。
  それがなければドイツの国民の税金でギリシャを救済するという流れになるけれど、それは政治的に可能で
  はない。
(2)ユーロ圏内(諸国の、南北)のインバランスと、それに対応する政策の不在或いは失敗(→G20のように)
(3)ユーロ圏の統合財政(政策、機関)の不在。それは今後も実現される見込みが無い。

The establishment view in the eurozone is that such resolution is not necessary. Any crisis can be solved with sufficient
fiscal discipline. I think Greece, Ireland, and maybe Portugal too, may soon show that this is not the case. A monetary
union can live with fundamental inconsistencies ? but not forever. We knew 10 years ago that the eurozone’s
governance framework was insufficient. But what we thought would happen only in the long run has already occurred.
I would expect the present set of inconsistencies to explode in a shorter time frame than the previous one ? some
time this decade 財政緊縮化の政策で問題が解決できるという考え方は、ギリシャ、アイルランド、それにおそらく
 ポルトガルに於いて、そうではないことが証明されると思う。

With a resolution system based on default, and persistent economic imbalances, a fiscal union becomes a necessary
condition for the euro’s survival. And if the message from Berlin and Brussels is that a fiscal union is unrealistic, we
should not be surprised if investors are betting that the eurozone will break up into a core and a periphery. It is quite
simply the logical implication of the new crisis resolution mechanism.
ユーロ加盟国のディフォールトと、諸国の経済インバランスがあって統合財政政策がない、という状況が続くのであれば
ユーロの永続性が危うくなる。統合財政というのが非現実的とEU本部やドイツが言うのであれば、投資家はユーロ圏の
(コア+周辺国)への分裂を予想するだろう。

159 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 22:29:15 ID:PpUb1fRs
http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010111501000860.html
ギリシャの財政赤字が悪化 再建計画練り直し必至  2010/11/15 22:10 【共同通信】

【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)の統計機関ユーロスタットは15日、ギリシャの財政状況を再点検した結果、2009
年の財政赤字が国内総生産(GDP)比で15・4%に拡大したと発表した。4月には同13・6%としていた。国際通貨基
金(IMF)とEUが今春に決めた金融支援の前提となる同国の財政再建策は練り直しが必至となった。

アイルランドの財政悪化も加わり、金融市場ではユーロ圏諸国の財政に対する不安が拡大しそうだ。

ギリシャは政府債務もGDP比126・8%と、4月時点の115・1%から拡大した。

同国は14年末までに財政赤字をGDP比3%以下に削減することを公約しているが、経済は財政緊縮策の影響で疲弊、
これ以上の歳出削減や歳入増加は事実上困難とみられる。政府内では緊縮策の緩和や、EUなどの融資の返済期間延
長を求める声が出ており、財政再建が後退する懸念が強まっている。

▼ 174 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 23:08:28 ID:5bNUqaT8
>>159
何で赤字が増えてんだ……

▼ 177 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 23:11:27 ID:m+sNBDmQ
>>174
バブッてハニーをしてたツケ。
早いところ処理しないと激増するってのに、その体力すでになくしてるので増えるに任せるしか(ry

▼ 182 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 23:16:33 ID:5bNUqaT8
>>177
債務が半年で10%増って異常すぎる…財政再建をギリシャに任せるべきじゃないよこれ

▼ 185 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 23:25:17 ID:yEDzoMsU
>>182
逆だよ。EUとユーロからギリシャを切り離すのがどちらにとってもベター

▼ 178 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 23:12:43 ID:6c/HfDot
>>174
GDPがマイナス成長したから。
予算が固定でもGDPが小さくなったら悪化するさ…

▼ 179 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 23:12:43 ID:Fs5KcrpG
>>174
そこだ。
税収が減ったのか支出が増えたのか、何がそれに寄与しているのかで
対応も変わるよね。

▼ 181 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 23:14:40 ID:6RoHC3yG
>>174
日本が消費税を導入したときみたいに、
駆け込み需要終了後、一気に税収が落ちたんじゃない?
それでいて支出は思ったほど減らなかった、と。


193 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/15(月) 23:32:22 ID:GvU/4EYH [2/2]
このスレでは何度も出てたじゃないか
ユーロに加盟しているせいで、通貨安による輸出ブーストが起きないから
財政状況は絶対に改善しないと

237 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 06:04:02 ID:UXLV5X7n [1/20]
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/4849
再燃するユーロ圏危機鎮静化しない債券市場の不安
2010.11.16(Tue) The Economis

○目先の資金調達に問題はないが・・・
○涙が出るほど過酷な緊縮財政

バークレイズ・キャピタルのジュリアン・キャロウ氏の推計によれば、2011年の財政引き締め規模は、以前に発表された
ものも含めて総計でGDPの4.3%と、涙が出るほど過酷なものになる。このような緊縮財政の下では、経済が上向くのは
難しい。アイルランドでは、財政の見通しが明瞭になることで、消費者が貯蓄を減らし、消費にお金を回すようになるの
ではないかとの期待があった。

しかし同国の納税者は、将来の福祉コストを賄うために別建てとされていた基金を取り崩した後でさえ、銀行の救済費用
がアイルランドの今年度の財政赤字をGDP比32%にまで押し上げる見込みだと知らされたばかりで、これを十分に理解
する時間も与えられていない。

最悪の事態を恐れるというのが、家計の自然な反応だ。欧州の首脳たちが、国がデフォルト(債務不履行)を起こした際
に債権者に損失を負わせる方法を議論している中では、債券市場にも家計と同様の心理が働くはずだ。
----------------------------------------------------------------------------------------
オリジナル記事は↓で、原文のほうがネガティブなニュアンスが強いように思える
http://www.economist.com/node/17465261
The euro-zone crisis, again:Still crazy after all these yields
Ireland’s plan for a brutal fiscal adjustment has done nothing to appease panicky bond markets.
Portugal is also in their sights Nov 11th 2010 | DUBLIN

238 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 06:15:16 ID:UXLV5X7n [2/20]
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/4860
量的緩和で本当にドル安が進むか?
2010.11.16(Tue) Financial Times

○量的緩和によってドルが下落すると叫ばれてきたが・・・

しかしFRBは、もしドルを本気で下落させようとしているのであれば、戦略を考え直す必要があるかもしれない。安価な
ドルが外国為替市場に大量に流れ込む見通しであるにもかかわらず、FRBが米国債の購入再開を決めた11月初め以
降、ドルはむしろ上昇しているからだ。

○経済情勢とは関係なく動く為替市場

モルガン・スタンレーのデータによれば、数週間にわたってドルを売ってきたレバレッジ投資家(ヘッジファンドなど)は既
にドルを買い始めている。同社はまた、年金基金など「リアルマネー」の投資家はレバレッジ投資家たちに追随すること
が多いと話している。

○ドル高をもたらすユーロ圏の危機と新興国の資本規制

「米国経済のパフォーマンスが絶対ベースでも相対ベースでも改善すれば、ドル上昇の好循環が生まれる可能性がある」
とUBSのユー氏も述べている。そのような背景でドルが上昇しても、アジア、欧州および南米の国々がFRBの行動に対し
て抱いている不安は、ほとんど緩和されないかもしれない。またドルがこのまま持続的な上昇相場に入るとは限らない。
FRBが計画した資産購入を進める今後8カ月の間に再び下落する恐れもあるだろう。
しかし、国内の経済指標がいくつか改善していることから、ドル下落の最悪期は過ぎた可能性がある。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
オリジナルは↓
http://www.ft.com/cms/s/0/5d08be96-ee93-11df-9db0-00144feab49a.html#axzz15O6xXmi7
Greenback debased and doomed? Not so fast?
By Peter Garnham and Henny Sender  Published: November 12 2010 20:32 | Last updated: November 12 2010 23:14

267 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 10:39:03 ID:UXLV5X7n [7/20]
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=a0dycxI6xT0Q
【コラム】破たん連鎖のユーロドミノ、行き着く果ては通貨分裂−リン  2010/11/16 09:00 JST
  

11月16日(ブルームバーグ):次はどの国だろうか。最初はギリシャが倒れた。今はアイルランドが欧州連合(EU)と国際
通貨基金(IMF)に救済される瀬戸際にある。アイルランド救済が現実になれば、危機の伝染が食い止められ、ユーロ圏
の基盤は強まり、共通通貨ユーロはこれで安泰だという心強いコメントが数多く飛び交うことだろう。プロジェクト「欧州」の
重要性について、壮大な美辞麗句をたっぷり聞かされるはずだ。投機家に対する厳しい断罪が大陸中に鳴り響くだろう。
  
これらに耳を貸してはいけない。ユーロは破たんマシンになってしまった。市場がアイルランドを片付けたら、次はポルトガ
ルへ、スペインへと移っていくだけだ。その先にはイタリアとフランスが控えている。ドミノ効果で次から次へと破たんの連
鎖が続き、ユーロが分裂するまでドミノ倒しは止まらないだろう。
 
アイルランド危機はユーロにとって、ギリシャ危機よりもはるかに深刻だ。かつてケルトの虎と呼ばれたアイルランドを救う
のは今や、同国経済を救出するという他のユーロ圏諸国の明確な約束以外にない。救済が現実になることは疑いの余地
がない。アイルランドの財政に対する信頼を立て直すために何百億ユーロもの資金が投じられるだろう。それにしても、
ユーロを信じる者にとって、なぜこのような事態になったか説明するのはとても難しい。ギリシャはうまくごまかしてユーロに
加わった。ユーロ圏は決してギリシャを仲間に入れるべきではなかった。入れてしまった以上は、迅速に改革を進めなけれ
ば脱退させると言い渡しておくべきだった。

<優等生>
アイルランドにこれは当てはまらない。アイルランドは過去20年にわたって、最も成功した世界経済の優等生の一つだった。アイルランド政府は放漫財政におぼれる浪費家ではなかった。危機に見舞われた時も、ギリシャのように現実から逃避した
りせず、想像し得る限りの緊縮財政措置をとり、外部に支援を求めることなく問題を自力で解決するべく全力を尽くした。
要するに、問題はアイルランドではなく、ユーロなのだ。この理屈から逃れることはできない。そして、問題が共通通貨ユー
ロにあるなら、危機はアイルランドで終わらない。
  
次はどこか。まず考えられるのはポルトガルだ。ポルトガルの2009年財政赤字は国内総生産(GDP)の9.3%だった。これ
はアイルランド、ギリシャ、スペインに次いで高い割合。政府はこれを10年に7.3%まで減らす計画だが、達成できるかどうか
は疑わしい。国債利回りは多くの投資家がこれを疑問視していることを示唆している。先週のブルームバーグ・ニュースの
調査では、世界の投資家の38%が、ポルトガルがデフォルト(債務不履行)に陥る公算が大きいと答えた。

268 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 10:39:45 ID:UXLV5X7n [8/20]
<スペイン>
そしてその次はどこだろうか。スペインが安全だと考える根拠はない。同国の今年の財政赤字見通しは9.3%でユーロ圏2
番目の高さだ。経済停滞の中で大きく削減することは極めて難しいだろう。同じ理屈から、イタリアを標的にしない理由もな
い。イタリアは少なくとも他の地中海諸国に比べては財政赤字を抑えてきたおかげで、今までのところ攻撃の対象に浮上し
なかった。しかし同国は過去の過剰支出の遺産である巨額の累積債務を抱えている。さらに、イタリア経済はユーロ採用以
来、ひどい状態が続いている。
  
フランスはどうだろうか。多くのユーロ圏周辺諸国に比べて経済が強いことは事実だ。しかしかなり控えめな年金改革に対
する先月の抗議行動は、時代遅れでコスト高の社会システムにフランスほど縛られている国がないことを鮮明にした。
ギリシャ人の方がまだ、変化に対して柔軟なくらいだ。フランスが永久にレーダーの外にいられると思うのは間違いだろう。
           
<モルガン・スタンレー>
モルガン・スタンレーは先週、投資家向け文書で「ポルトガルはさまざまな構造問題に直面している」と指摘した。この文書
はどの国が次に救済を必要とするかについてのリポートだった。「ギリシャでは最大の問題は財政規律の欠如だ。スペイン
では与信にあおられた住宅ブームからの転落が最大の問題。アイルランドも同様だが、これに大き過ぎる銀行セクターの
問題が加わる」とリポートは分析した。

それぞれの国で、金融の信頼を崩壊させる引き金は別々だろう。しかし根本にある原因は1つだ。ユーロが導入された時、
共通通貨を使うことによって大きく異なる経済が収斂(しゅうれん)すると考えられていた。それによって、欧州中央銀行
(ECB)がすべてのユーロ圏諸国に共通の金融政策を実行できるようになるはずだった。これは興味深い理論だったが、
結局間違っていたことが分かった。各国経済の相違は、単一の中央銀行がすべての国を管理するにはあまりにも大き過
ぎた。政策金利はいつでも、どこでも不適切だった。問題の表れ方はさまざまだ。ギリシャでは財政危機に陥り、アイルラ
ンドでは銀行が崩壊した。スペインでは建設バブルが破裂し、ドイツは巨額の貿易黒字を積み上げた。しかし海に向かう
川の水のように、矛盾はどこかから沸き出るものだ。
             
<単純な真実>
今回の危機は国から国へと伝染していく。唯一の恒久的解決策は、ユーロ圏をもう少し管理可能な共通通貨圏へと分割
することだ。ユーロ圏の指導者らがこの単純な真実を認めるまでは、救済を繰り返しても、攻撃の矛先が別の標的へと転
じるだけだろう。(マシュー・リン)

▼ 325 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 13:58:58 ID:vvQeG6xL
>>267-268
管理可能な通貨に分裂させるとしても、
大きな後ろ盾のない通貨なんかはやっぱり厳しい状況になるのでは。
仮に分裂させるとしても、例えばドイツやフランスなどの後ろ盾がある
通貨とペッグさせるとかですかね。

▼ 336 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 14:51:25 ID:/FtTLPDT
>>325
逆だよ。後ろ盾を無くして通貨を暴落させたいの。
それによって一時的に苦しくなるが(現債務はユーロ建なんで債務が総体的に膨らむ)、中央銀行による債務の回収とか量的緩和ができるようになる。
また、暴落した通貨は輸出競争力につながるんで貿易黒字を狙える。
別の力のある国に通過価値を合わせちゃうとそれが出来なくていつぞやのアジア通貨危機の状態になってまずい。

▼ 352 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 15:41:51 ID:vvQeG6xL
>>336
ふむふむ、なるほど。
ソレを飲む国がいるのかどうか、というのもありますな。
まぁこれはそういう展望のお話なのでしょうが。

▼ 427 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 23:57:52 ID:fXNhyJwR
>>336
国の経済的な裁量を制限する統合かぁ
国を跨ぐと美味しいのかな

▼ 546 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/17(水) 19:46:42 ID:jHhZ0HIG
>>336
それもあるかもしれないが、そもそもその後ろ盾が、それになりえているか?
というのが問題だし、EU内での流動資本財の一方化(ドイツは生産性向上、競争力の基準を引き上げていて、
賃金は高いけど、生産性がより高いから、ギリシャやポルトガル、スペインのような低コストの
国よりも、高付加価値製品の生産にかかる雇用コストがより安価になる。 これが競争力向上、
労働コストに強い圧力となり、アイルランド、ギリシャ、ポルトガル、スペイン、イタリア等々を圧迫する。
けど、そのドイツも長期で見るとズルズル経済下降する可能性だってある。で、まぁEU各国経済的相違点は他にもあると。)
等でEUの構想(コア等)自体が根本的に微妙なんじゃないかなと思うけど。
もっともその辺の事態はアイルランド情報と共に外電さん待ちでいづれ分かるでしょ。

一応貼っておく↓
フランス内閣が総辞職、再編へ
2010.11.14 Sun posted at: 10:05 JST
(CNN) フランス大統領府は13日、フィヨン首相が内閣総辞職を申し出て、サルコジ大統領が承認したと発表した。
この辞職は、内閣再編を行うための手続きの一環とみられている。
(中略)
サルコジ大統領は次期大統領選挙を1年半後に控えている。現政権が経済問題、失業問題など多くの問題を抱える中、
フィヨン首相のような穏健保守派の存在は状況の沈静化を図るのに役立つとマラード氏は指摘する。

さらに、今回の辞職を受けて行われる内閣再編の結果、閣僚のポスト数が現在の28から16に減少すると同氏はみている。
サルコジ政権が年年金制度改革法の最終案を先月可決したことで、国内で同法案に反対するデモやストが発生していた。

http://www.cnn.co.jp/world/30000892.html

仏のスト、石油精製所の操業停止で国内に動揺広がる
2010.10.16 Sat posted at: 10:29 JST
http://www.cnn.co.jp/world/30000554.html

フランス及びドイツにおける派遣労働等の現状と課題〜海外調査報告
掲載日:2010-11-09 発表元:参議院  厚生労働委員会調査 室新井賢治
http://www3.keizaireport.com/report.php/-/node=56/

371 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/16(火) 19:09:19 ID:UXLV5X7n [19/20]
http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010111601000726.html
欧州10月新車登録16・1%減 主要国で軒並み不振  2010/11/16 18:49 【共同通信】

【ブリュッセル共同】欧州自動車工業会は16日、欧州28カ国の10月の新車登録台数(乗用車)が前年同月比16・1
%減の106万1977台だったと発表した。緊縮財政に伴い各国が買い替え奨励策を打ち切った影響で、新車登録は
欧州主要国で軒並み2けたの大きな落ち込みを記録。前年同月の水準を7カ月連続で下回った。

欧州連合(EU)の合計は16・6%減の102万7036台。欧州最大市場のドイツが20・0%減となったのをはじめ、フラ
ンスが18・5%、英国が22・2%、イタリアが28・8%、スペインが37・6%とそれぞれ大幅な減少。

メーカー別では、日本勢は三菱自動車が50・4%増だったが、トヨタ自動車(27・8%減)、日産自動車(7・7%減)、
スズキ(23・1%減)、マツダ(21・5%減)、ホンダ(32・9%減)はそろって不振。欧米勢も、ドイツのフォルクスワーゲン
(VW)が10・6%減、イタリアのフィアットが32・7%減、米ゼネラル・モーターズ(GM)が19・1%減と不調だった。

471 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/17(水) 08:25:52 ID:grk5Uszw [2/13]
http://news.www.infoseek.co.jp/business/story/17reutersJAPAN182106/
ユーロ圏財務相はアイルランドの取り組み支持=ユーログループ議長 (ロイター) [2010年11月17日7時12分]

[ブリュッセル 16日 ロイター] ユーログループのユンケル議長(ルクセンブルク首相)は16日、アイルランドによる
財政・金融部門の課題に対する取り組みを歓迎するとした上で、さらなる改革や安定化が「妥当」となる可能性がある、
と述べた。
--------------------------------------------------------------------------------------------
*この記事の言っている、ユーログループのアイルランド問題へのメッセージの該当部分は:

However, market conditions have not normalised and pressures remain, giving rise to concerns that further reforms
and stabilisation measures may be appropriate.
We welcome the determination of the Irish government to engage in a short and focussed consultation with the
Commission, the ECB and the IMF in order to determine the best way to provide any necessary support to address
market risks, especially as regard the banking sector, in the context of the four-year budgetary plan and the upcoming
budget.
We confirm that we will take determined and coordinated action to safeguard the financial stability of the euro area, if
needed, and that we have the means available to do so.
http://ftalphaville.ft.com/blog/2010/11/16/406886/statement-by-the-eurogroup-on-ireland/


477 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/17(水) 09:34:43 ID:grk5Uszw [4/13]
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=aWJ_Ie7uBehQ
アイルランド:財政と銀行向け、2部構成の資金支援で交渉 (Update1) 2010/11/17 01:43 JST

11月16日(ブルームバーグ):アイルランドは国家財政強化のためと、国内銀行への資本注入のための2つの部分から
成る資金支援について、欧州と国際通貨基金(IMF)の代表らと協議している。協議について知る欧州当局者が明らか
にした。
  
同当局者が匿名を条件に述べたところによると、2つの部分から成る救済パッケージは、アイルランドが長期にわたって
債券市場で資金調達する必要なく、財政赤字削減を進められることを意味する。政府は必要に応じて国内銀行を支える
ための資金も得る。アイルランドは、2011年半ばまでの政府の資金需要は満たしているとしている。
ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドの欧州担当チーフエコノミスト、ジャック・カイユ氏は、「アイルランドの救済発動要請
は数日ないし数時間という期間内に迫っている」との見方を示した。
  
ギリシャを発端とした欧州ソブリン債危機はアイルランド危機に至って新たな局面に入った。EUとIMFは5月に、ギリシャ
救済に備えて7500億ユーロ規模の救済基金を整備した。EUのファンロンパイ大統領は16日、危機は死活問題だとして、
「ユーロ圏が生き延びられなければ、EUも生き残れない」と話した。
  
関係者によると、交渉は継続中で結論には至っていない。ユーロ圏の財務相らは16日午後5時からブリュッセルで会合する。
会合を控えてアイルランド国債は下落し、ドイツ国債との利回り格差は559ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と昨日の
540bpを上回っている。関係者によれば、アイルランドの当局者らは過去数日に、EUの欧州委員会、欧州中央銀行(ECB)
およびIMFと協議してきた。国内銀行の損失に関するアイルランド政府の見積もりはこの協議で妥当と判断されたが、市場
は納得していないと関係者は述べた。EUの欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)は、ブリュッセルで記者団に、
「ECBとIMF、そしてもちろんアイルランド当局と協議している」と述べた。 アイルランド中銀の報道官はコメントを控えた。
財務省報道官も発言を避け、14日の声明の参照を求めた。政府は同日、市場の状況について海外当局者らと協議してい
ることを明らかにしていた。
  
カウエン首相の15日遅くの発言は、EUの基金利用に傾きつつあることを示唆した。同首相はダブリン時間16日午後5時に
国内経済に関する声明を発表する。

581 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/17(水) 22:23:05 ID:grk5Uszw [13/13]
http://blogs.wsj.com/marketbeat/2010/11/17/euro-crisis-no-rest-for-the-indebted/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed:+wsj/marketbeat/feed+(WSJ.com:+MarketBeat+Blog)
Euro Crisis: No Rest for the Indebted NOVEMBER 17, 2010, 7:13 AM ET
ユーロ危機:借金国に休息は無し  By Neil Shah WSJ記者ブログ、マーケットビート、17日

EU本部の官僚たちはアイルランドにEU/IMFの支援を受けいれさせて、その結果スペインやイタリアなどへの金融危機の
伝染を防ぎたいのだが、事態は、計画通りには動いていない。EUとIMFと各国財務相とECBのアイルランドとの協議は、
依然として進展していない。EUはアイルランドの銀行の救済のために、恐らく500臆ユーロにのぼる支援パッケージに付い
て話しているのだが、アイルランド側は如何なる救済も要請していないと言っている。

(大幅に中略、現状の市場の中途半端な状況についての説明)

Meanwhile, Spain has suffered a banking and property crunch much like Ireland’s and has probably been less transparent
about the value of the property loans in its financial system. That is leading some investors like Cambiz Alikhani at
London-based asset manager Iveagh Ltd. to worry that Ireland is a side-show and that a potential Spanish crisis is the
elephant in the room.
一方、スペインはアイルランドに似た不動産バブル後の銀行の不良債権について苦慮しているが金融システムの不動産
ローンの価値ついては透明性が少ない。そのためにロンドンに本拠を置くアセットマネジメント会社Iveagh Ltd.のCambiz
Alikhaniはアイルランドの危機はむしろ枝葉で、潜在的なスペインの危機が大きな問題であると憂慮している。

A third act to Europe’s debt saga, following Greece and Ireland, would further test the durability of what has arguably
been Europe’s greatest political success over the last half-century, the euro itself. Since the euro-dollar exchange
rate is the most important in the world ? the euro is the second-most traded currency ? a currency collapse could
have catastrophic consequences for markets.
ギリシャ、アイルランドに続いて第三幕が来るのであればユーロの耐久性がテストされる。ユーロ・ドルの外為通貨市場は
巨大であり、もしユーロの崩壊があれば、市場に破滅的な影響がある。

ユーロは水曜日に$1.35と、近日の高値である$1.43から6%下落している。春のギリシャ危機ではユーロは$1.18
のレベルまで下落していた。危機が解決しない場合、ユーロがそれ以下となるようなことがあるかについて、多くの人が懸
念を持っている

582 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/17(水) 22:31:35 ID:gpldlHUf
問題は、ユーロ圏の債務をECBがどれだけ支えられるか、かな。

どことは言わないけど経常黒字+財政黒字の国だと通貨下落は恩恵ばかりだけど、
経常赤字+財政赤字の国だと、輸出振興がうまくいかなかったら債務の借り換えは
きつくなるわ輸入品は値上がりするわでろくなことがない。もともと、ドイツと競っても
輸出を伸ばせないから赤字になってるのに。

今はECBの保証が効果を持ってるからいいけど、万が一これの神通力が切れて
順次ドル建て国債発行を余儀なくされるような事態になったら、その時がユーロの最期だろう。

▼ 584 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/17(水) 22:42:45 ID:aSaxWJLs
>>582
この動きで米がイラ立ってる。せっかくドル安にするために追加緩和が決定したのに欧州不安でドル買いの動きが強く…

627 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/18(木) 06:12:54 ID:8+T2b4Hs [2/19]
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=aL7St.OvaeRE
アイルランド:銀行めぐり18日に協議、救済の前段階か (Update1)  2010/11/18 02:06 JST

11月17日(ブルームバーグ):欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)の専門家は、アイルランドの銀行の帳簿精査を18
日に開始する。財政危機の拡大に歯止めを掛ける救済の実現に向けた第一歩となる可能性がある。ユーロ参加16カ国
の財務相らは、この合同査定によってアイルランドが自力で銀行システムを修復できるか、EU・IMFの7500億ユーロ
(約84兆円)規模の救済基金利用が必要かを決定するとしている。
 
EUの欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)はこの日のEU財務相理事会後に、「アイルランドの銀行セクターを存
続可能、持続可能な状態にすることが必要だ」とし、そのためには「同分野でのかなりの再編と改革が必要だ」と語った。
アイルランドのレニハン財務相も会合後にブリュッセルで記者団に、政府の取り組みはEU27カ国の「完全な支援」を得て
いると言明。銀行問題での欧州の検討が「今始まろうとしている。これが重要だ。事実を見極めそれに基づいた判断をし
よう」と語った。公共放送RTEの番組では、「銀行の問題がアイルランドという小さな国にとって大き過ぎれば、欧州は支
援するという意志を明確にしている」と語っていた。
  
数日内に救済案まとまる可能性も
  
財務相らによると、そのような救済パッケージは早期に取りまとめられる公算だ。フランスのラガルド財務相は、「半年後
なのか数日内なのかと言われれば、後者の方に近いだろう」と述べた。財務相らは英バークレイズ・キャピタルが800億
ユーロと試算したアイルランド支援の規模については言及を避けた。救済基金である欧州金融安定ファシリティー(EFSF)
のクラウス・レグリング最高経営責任者(CEO)は、EUは5−8営業日で資金を調達できるとしている。
  
アイルランド中央銀行は質問に対する17日の電子メールで、政府と銀行システムの財政・財務に対する市場の信頼を高
める方法を模索する協議に「積極的に参加する」と回答した。 アイルランドの銀行のECB依存は強まっている。当局によ
ると、アイルランドの銀行のECBからの借り入れは10月末時点に、前月から7.3%増え1300億ユーロだった。
レインデルス財務相は「ECBがアイルランドの一部銀行に対して現在以上の流動性を供給するのは困難だと思う」と述べた。
(後略)

633 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/18(木) 08:36:39 ID:8+T2b4Hs [3/19]
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/4878
主権を守るために戦うアイルランド2010.11.18(Thu) Financial Times
(2010年11月17日付 英フィナンシャル・タイムズ紙) By David Gardner in London

・・(大胆に前略)
景気後退の最悪期だった昨年も、アイルランドは外国から304億ユーロの直接投資を呼び込んだ。しかし、アイルランドは
今後も自国の政策を決められるのだろうか?国債利回りのグラフからは、アイルランドの信用状況が、ドイツの発案で10月
末にまとめられた将来の危機解決制度(債券保有者がデフォルト=債務不履行=のコストを納税者とともに負担する仕組
み)によって粉砕されたことがはっきり見て取れる。だが、アイルランドをこれほど脆弱な国にしてしまったのは、フィアナ・
フェイル政権だ。

ECBに主権を明け渡す不名誉

アイルランド政府が救済を拒む動機の1つは、低い法人税率などの競争優位の源泉を放棄することを強いられる恐れだろう。
しかし、歴史も一定の役割を果たしている。与党は間違いなく、それも遠からず、有権者から追放されることになる。しかし
フィアナ・フェイル(正式名称は共和党)は、アイルランドをECBの一区にした不名誉を克服するのが難しいことに気づかされ
るだろう。

642 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/18(木) 09:30:52 ID:8+T2b4Hs [6/19]
アイルランドの救済問題についてWSJは、(欧州の問題なので)対岸から眺めてクールな評論を・・・

http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704312504575618080737503218.html?mod=WSJ_Opinion_AboveLEFTTop
REVIEW & OUTLOOKNOVEMBER 17, 2010
The Real Euro Danger:Forcing Ireland to accept a bailout won't save the currency.
本物のユーロの危機:アイルランドに救済案を飲むように強制しても、ユーロを救えない  WSJレビュー&アウトルック、17日
(部分抜粋)


The conventional wisdom, repeated everywhere in Europe this week, is that this is necessary to "stabilize the markets"
and prevent "contagion."
いま欧州で、広く言われていることは、アイルランドに救済案を飲ませる事は必要で、「(国債)市場の安定化」と「伝染」の
防止のためにそれが必要である、というものだが、

But the euro zone's main problem is not "contagion." It's solvency. Bailing out Ireland does not make it more likely that
Portugal or Spain or even France will be more likely to pay their bills going forward. And bailing out Dublin's bondholders
does nothing to improve the solvency of any other European capital. On the margin it could make their problems worse,
since each would have to contribute to the cost of the bailout.
ユーロ圏の主要問題は「伝染」ではなく、支払能力である。アイルランドの救済はポルトガルやスペイン、或いはフランスを
して支払能力を高めることにはならない。アイルランド国債の保有者を救済しても、欧州の他の国の支払能力が向上する
わけではない。むしろ救済に協力する分だけ諸国にとってマエナスである。

The vital question with respect to Ireland is whether in the long run Dublin's commitment to recapitalizing its banks will
overwhelm the government's capacity to repay its debts as they come due. Getting a loan from Brussels does nothing
to address that question. It will merely put off the asking of it until some future date when the moment arrives for
アイルランドにとっての大きな疑問は、アイルランドの銀行の資本充填のために政府の行った長期的なコミットメントが支払
期日のきたときに支払能力を超えているのかどうかである。EUからの支援は、この問題の本質にかかわらない。それは問
題を先延ばしにすることが出来るだけである。

(大胆に中略)

643 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/18(木) 09:31:33 ID:8+T2b4Hs [7/19]
This week, German Chancellor Angela Merkel said that "if the euro fails, then Europe fails." But the euro is a currency
union, not a debt union?at least it wasn't until last May.
今週、メルケル・ドイツ首相は「ユーロが失敗すれば、それはヨーロッパの敗退」と述べたが、ユーロは通貨連合であって
負債連合ではないはずで、すくなくとも今年の5月まではそうだった。

Mrs. Merkel has it backwards. If the euro zone, in violation of the treaty that created it, effectively assumes the debts
of all its members, it would do more damage to the credibility of the currency bloc than a haircut for its lenders. If
Ireland, like Greece, cannot pay its debts, it needs to restructure them, and the sooner the better.
Dublin to pay its debts to Brussels. Nor will it reveal anything about whether Lisbon's fiscal path is sustainable.
メルケル首相の発言を逆に言うならば、ユーロ圏がその条約規定に反して、メンバー国の負債をユーロ圏の負債と承認
するのであれば、それはアイルランド国債のヘアカットの与える悪影響を凌ぐ、より大きなダメージをユーロ圏に与えるだ
ろう。アイルランドがギリシャと同じように負債の返済が不可能であれば、其のリストラクチャリングが必要で、しかも、それ
を早期にやる方が良い。アイルランドがブラッセルのEU本部に負債を返済する。それはポルトガルの経済運営が持続可能
かどうかに関与しない。

645 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/18(木) 09:54:21 ID:PXIFBx0x [3/21]
欧州で火傷してない国家財政あるのかな…爆発か炎上かの違いだけのような気がしてきた。
最終段階はメルトダウン(国家財政崩壊)だけど

676 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/18(木) 13:12:14 ID:PXIFBx0x [9/21]
武漢鉄路職業技術学院の実習施設内で17日午後、高速鉄道車両1両が燃えた。消防が
駆けつけ約1時間後に鎮火したが、傷みがはげしく「廃車処分」になると見られている。中国
新聞社が報じた。

 燃えたのは先頭車両で、外部の塗装部分はあまり変色していないが、内部はほとんど
「黒こげ状態」という。火災発生が分かったのは17日午後4時10分ごろ。車両は施錠された
屋内施設に置かれており、中に入るのに手間取った。消防隊員は鍵を壊して進入し、消火
作業を開始。約10分後に火は衰え、5時10分までに消火作業を終えた。

 燃えたのは、ドイツのシーメンス社が技術供与したCRH3のタイプとみられる。学院側に
よると、学生実習のため導入した。価格は約1700万元(約2億1300万円)という。火災の原
因は調査中だ。(編集担当:如月隼人)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1118&f=national_1118_035.shtml
内部電気配線ショートで出火?まともな整備されてりゃ出火はありえないけど

731 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/18(木) 18:20:44 ID:8+T2b4Hs [8/19]
アイルランドの金融危機について、Philippe Legrainの評論、FT、17日(部分)
----------------------------------------------------------------------------------------------
http://www.ft.com/cms/s/0/81c79284-f285-11df-a2f3-00144feab49a.html#axzz15cagBlzr
Ireland’s property bubble was particularly big. The value of its housing stock quadrupled in the decade to 2006, with
construction swelling to an eighth of the economy. The price of a typical Dublin house shot up more than fivefold ? and
has since nearly halved. Such a property crash is inevitably painful. But it need not have led to a sovereign debt crisis.
Ireland’s public debt was only 25 per cent of gross domestic product on the eve of the crisis, the lowest in the
eurozone.
アイルランドの不動産バブルは酷いもので、住宅産業の株価は2006年までの10年間に4倍になり、建設業が経済の8分
の一を占め、ダブリン市内の典型的住宅の価格が5倍になり、その後にほぼ半分になっている。こうした不動産バブルの
クラッシュは痛みを伴う。しかしそれは、ソブリン負債危機になる必要はなかった。アイルランドの公的負債はGDPの25%
に過ぎない。

The government’s fatal mistake was stepping in to guarantee not just all the depositors of Irish banks but also all their
bondholders. Now the bust banks’ huge losses are dragging down the Irish state with them. Had Britain’s recession
worsened, the UK government might have ended up in a similar situation.
政府の行った致命的な失敗はアイルランドの銀行の、すべての預金者の保護のみならず、その債券の保有者にも政府
保証を与えたことである。そのため銀行の巨額負債が政府の負債になっている。英国でも景気後退が酷くなれば類似の
事態が起こったかもしれない。

Only cheap finance from the European Central Bank has kept those bust Irish banks on life-support, until now. Outside
the euro, Ireland would doubtless have suffered Iceland’s fate: its currency would have crashed and its central bank
would have run short of foreign funds to keep its banks afloat. Far from precipitating the crisis, the euro has given
Ireland vital breathing space. More’s the pity that the government has failed to make good use of it.
今やアイルランドの銀行の生命維持装置になっているのはECBの低金利融資である。アイルランドがユーロ圏外に有れば
それはアイスランドと同じ事態になったであろう。つまり通貨が暴落し中央銀行が外貨不足に陥り、銀行を支えることが出
来なくなる。ユーロ圏にあったお陰でアイルランドは幾分かの余裕が与えられた。アイルランド政府が其の余裕をうまく活用
できなかったことは残念である。

732 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/18(木) 18:21:25 ID:8+T2b4Hs [9/19]
It is true that, outside the euro, Ireland would now enjoy a weaker currency. That could boost exports, and hence
growth. But in very small open economies, devaluations tend to feed through rapidly into inflation, so the competitive
boost might not have been that great. In any case, Ireland has already slashed wages and prices to restore
competitiveness ? in effect, an internal devaluation. And if it wished to cut unit labour costs further, it could reduce its
high payroll taxes and replace the revenues with higher value added tax or a tax on land values.
アイルランドがユーロ圏外にあったなら通貨が安くなっているであろうこと、それが輸出をブーストし成長を助けることは確か
だが、アイルランドのような小型のオープンな経済では通貨の低落はインフレに転化しやすく、通貨低落に依る競争力向上
はさほどに良きものとも言えない。いずれにせよアイルランドは既に競争力回復のために賃金と価格を下げていて、国内的
には通貨切り下げと同じことをしている。アイルランドが更に単位人件費を低下させたいなら、給与にかかる高い税金を下げ
税収を付加価値税や固定資産税に切り替えることも出来る。

Leaving the euro and reintroducing the punt is certainly not a solution, since Ireland would be incapable of repaying its
euro-denominated debts in devalued punts. Nor, on its own, is an EU or International Monetary Fund bail-out ? in
practice, a loan at punitively high interest rates. That would merely postpone the crisis.
アイルランドがユーロ圏を脱して固有通貨に戻ることは解決策にならない。ユーロ建ての負債をアイルランドが価値を切り下
げられた固有通貨で返済する事はできない。EUやIMFの救済が高い金利の融資を行なうことも出来ない。そういう事は危機
の先延ばしにしかならない。

Irish taxpayers should not be bled dry to pay off investors ? among them, European banks and American hedge funds ?
who gambled on lending to Irish banks. Instead those creditors should take a haircut, via a debt restructuring with the
EU or IMF providing a bridging loan until Ireland has fixed its budget deficit. Ironically, it is Germany’s proposal that
bondholders should lose out in future that brought this crisis to a head. It is such a good idea that it should be
implemented now.
アイルランドの納税者が、アイルランドへの投資を行った貸し手に対して、その支払のために骨の髄までしゃぶりつくされる
べきでもない。貸し手は欧州の銀行と米国のヘッジファンドで、アイルランドの銀行への融資というギャンブルを行った。これ
らのクレディターはヘアカットをうけてしかるべきだ。負債のリストラとIMF./EUのブリッジローンに依って政府は予算の赤字を
修復すべきだ。皮肉なことにドイツは、将来において危機にあたっては債券保有者がヘアカットを受け入れるべきと言ってい
る。それは良い考えなので、今すぐに実施すべきだ。
(Don’t blame the euro for Ireland’s mess Philippe Legrain Published: November 17)

743 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/18(木) 18:47:53 ID:8+T2b4Hs [12/19]
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920000&sid=a5pGwyDCNFu4
アイルランド国債上昇−EU・IMF融資利用を見込むと中銀総裁発言  2010/11/18 17:45 JST
  

11月18日(ブルームバーグ):18日の欧州債市場で、アイルランド国債相場が上昇。アイルランド中央銀行のホノハン
総裁が、同国が欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)からの「数百億」規模の融資を利用すると予想していると発言
したことに反応した。
  
ロンドン時間午前8時25分(日本時間午後5時25分)現在、アイルランドの10年物国債利回りは3ベーシスポイント
(bp、1 bp=0.01%)低下の8.29%。  ホノハン総裁はアイルランドの公共放送RTEとのインタビューで、「融資は利用
可能にされ、政府が必要に応じて引き出すことになるだろう」と語った。

752 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/18(木) 19:33:20 ID:8+T2b4Hs [14/19]
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=aVtohZRtbzkc
【特別寄稿】露呈したユーロの欠陥に対処するための一提案−サピル   2010/11/18 16:12 JST
  

11月18日(ブルームバーグ):欧州単一通貨ユーロは発足から10年を経た今日、ギリシャ危機によってその設計の紛れ
もない欠陥が露呈した。既存のルールはソブリン債務の膨張を防止できず、危機の管理ないし解決が可能な人間は誰
一人いなかった。
  
欧州連合(EU)首脳は3月、ファンロンパイ大統領(首脳会議常任議長)に対して、危機解決の枠組みと財政規律の改
善に必要な対策を提案する作業部会(タスクフォース)の創設を要請。法的枠組みを強化するあらゆる選択肢を探るよう
求めた。その数カ月後、ユーロ圏の制度上の問題を是正する2つの対策が講じられた。欧州金融安定ファシリティー(EF
SF)の設立がその一つで、苦境に陥ったユーロ圏諸国に金融支援を提供する能力が整備された。さらにEU行政執行
機関の欧州委員会とファンロンパイ大統領の作業部会が、財政安定成長協定の改革を柱とする財政規律の強化策を
提案した。
  
この2つはいずれも重要ではあるが、明らかに不備が存在する。EFSFは暫定的な機関にすぎず、EUの制度的枠組み
の外に置かれている。また、欧州中央銀行(ECB)と欧州委が望むように財政安定成長協定の手続きや制裁の自動的
な適用が可能となっても、将来のソブリン債危機を完全に回避するには十分でない可能性が高い。

<債務再編を管理>
EU首脳は先月になって「恒久的な危機対応メカニズム」の構築が必要との認識で一致し、状況は一歩前進した。新たな
メカニズムは民間債権者と国際通貨基金(IMF)の関与、債務国に対する「非常に厳しい」条件を求めるもので、危機の
防止と管理および解決の改善を図る上で、ユーロ圏が必要とする枠組みを一度に提供することができるだろう。
新たなメカニズムは、EUが12月に開く首脳会議でその概要が最終的に決定されることになっており、金融市場では投資
家のパニックや混乱が起きている。
  
わたしが所属するブリューゲル研究所は、欧州の危機解決のメカニズムを2本の柱で構成するよう提案する。債務再編手
続きを欧州委と欧州司法裁判所の管轄下に置くというのが最初の柱であり、EFSFをEUの恒久機関とし、金融支援の条
件に関する一連の規則の運用に当たらせるというのが2本目の柱だ。

753 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/18(木) 19:34:01 ID:8+T2b4Hs
<デフォルトは現実の可能性>
そのようなメカニズムの創設は、ユーロ圏でソブリン債の「秩序立った再編」が行われる現実の可能性を認識させ、危機の
防止に寄与することになろう。必要とされる金融規制改革を併せて実施することで、ソブリン債の発行体を債権者が選別す
る能力の向上を促し、市場規律の強化と財政の持続可能性を高めることにもつながるだろう。
EFSFの恒久化は危機管理にも貢献するとみられる。特に将来の債務の持続可能性について厳しい条件を付与し、財政
難に陥ったユーロ圏諸国に恐らくIMFとともに金融支援を実行することが可能になろう。ECBのビニスマギ理事は最近、
支払い不能に陥った諸国の「債務再編に金融支援を連動させる自動的なメカニズムを容認すべきではない」と述べている
が、わたしも同感だ。

では、ある国が自国の債務が持続不可能だと認識し、メカニズムの発動を要請した場合、それはどのような流れで機能す
ることになるだろうか。
 
まず欧州委が、債務が持続不可能な状態にあることを認め、欧州司法裁によって債務再編手続きの開始が決定される。
債務再編のメカニズムは公式な2国間および多国間債務を除く、ユーロ圏内外のすべての債権者に適用され、ユーロ圏で
発行されたかどうかにかかわらず、すべての債務証書が対象となる。
  
債務国はその後すべての民間債権者と債務再編交渉に入るが、民間債権者の負担の程度とプライマリーバランス(基礎
的財政収支)の将来の黒字化の道筋などについて、欧州委が当事者に評価を提供し、債権者の特定多数決による合意
が拘束力を持つ。合意が成立した段階で、財政の持続可能性の実現に必要な経済構造調整に取り組むための金融支援
をEFSFが債務国に提供する。
  
そのようなメカニズムは発効後の債務だけに適用される新たな条約の締結を必要とする。しかし、容易に片付く問題であ
るかのようにごまかすのではなく、事の複雑さの程度と質を詳細に伝えるという点で、この提案は検討に値するのでない
だろうか。(アンドレ・サピル)

▼ 762 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/18(木) 20:24:21 ID:D9y0fpo7
アイルランドとかギリシャあたりの国債がデフォルトしたら、ECBがやってる担保引き受けって
どうなるんだろ?>>753みてちょっと気になった。

普通の担保並みにECBのバランスシートに穴が開くんだったら、ユーロとユーロ建て債券全体が
えらいことになりそうな気がするんだけど。

764 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/18(木) 21:02:02 ID:d82OYvK5 [2/2]
 ギリシャは国債の発行により、最大50億ユーロ(約6231億円)の資金調達を目指している。シンジケート団を通じた国債の発行は今年に入り、今回で3回目。つい4日前には、欧州連合(EU)がギリシャが支払い不能に陥る場合の救済計画を発表したばかり。

http://jp.wsj.com/Finance-Markets/Finance/node_46141

ユーロになんかがあったらこういうとこがヤバイとか?

890 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/19(金) 10:11:36 ID:88Z6MY/o [1/19]
クルーグマン先生の、御宣託きますた(w
------------------------------------------------------------------------------
http://krugman.blogs.nytimes.com/2010/11/18/this-is-the-way-the-euro-ends/
PAUL KRUGMAN November 18, 2010, 8:40 AM
This Is The Way The Euro Ends:Not with a whimper but with a bank run.
こういう風にして、ユーロは終わるのである   by ポール・クルーグマン  NYT,18日

OK, I’m overstating the case ? we’re some ways from a euro exit for Greece, let alone Ireland. But we are drifting
closer to the kind of scenario I wrote about back in April.
まあ(上に記したタイトルは)些か誇張気味であるが、ギリシャの救済といい、アイルランドのそれといい、それは、ある種の
ユーロの終焉に近づくというシナリオの一部のようであり、私が4月に書いたように

I used to be a full believer in the Eichengreen theory of euro irreversibility, which said that no nation could even discuss
leaving the euro, because it would lead to the mother of all bank runs. But as I wrote in April,
But now I’m reconsidering, for a simple reason: the Eichengreen argument is a reas
私はかってEichengreenの「ユーロの不可逆性理論」の信者であって、この理論の言うところによれば、どの国もユーロから
の脱退を議論することさえも許されない。何故ならば、そういうことは銀行取り付け騒ぎのもとになるからである。私が4月に
書いたことは、

”But now I’m reconsidering, for a simple reason: the Eichengreen argument is a reason not to plan on leaving the euro
? but what if the bank runs and financial crisis happen anyway? In that case the marginal cost of leaving falls
dramatically, and in fact the decision may effectively be taken out of policymakers’ hands.”
「この理論によってユーロ脱退を計画することは許されないが、それにしても銀行取り付けだとか金融危機の発生してしま
った場合はどうなるのか? そういう場合は脱退のコストがマージナライズされるから、政策立案者の判断は中止されてし
まう」

So what the FT is reporting is that there’s a sort of slow-motion run on Irish banks in progress, with corporate
depositors gradually reducing their accounts. Not crisis-level yet. But the ghost of a possible ejection from the euro is
starting to become visible.
FTの報道ではアイルランドの銀行に、スローモーションの、取り付けにむけた動きがあるという。企業が預金を少しづつ取り
崩しているという。危機のレベルには程遠いが、ユーロからの脱退可能性の幽霊が些かながら姿を見せている。

893 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/19(金) 10:12:17 ID:88Z6MY/o [2/19]
Update: One commenter suggests that Ireland isn’t facing a bank run, it’s facing a bank walk. I like it! At this point, actually, it’s not even that, more of a bank stroll or a bank saunter. We’ll see if the pace picks up.
補足:読者のコメントによれば、アイルランドの銀行は取り付け騒ぎ(bank run)に直面しているのではなく、銀行懐疑に
直面しているというべきと。然り、現時点では預金者は走り出してはいなくて、そぞろ歩きとか散歩というべきだが、今後
の問題は、其のペースが加速するかどうかだろう。 

897 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/19(金) 10:24:46 ID:88Z6MY/o [4/19]
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=ar3MJvVfFbLc
英国納税者は既にアイルランドに「ひざまでつかる」−銀行救済で負担  2010/11/19 07:50 JST

11月18日(ブルームバーグ):オズボーン英財務相は英国がアイルランド支援の「準備ができている」と発言したものの、
言わなかったことがある。それは英国の納税者が既にアイルランド銀行向けの184億ポンド(約2兆4700億円)の支援
の大部分を負担している点だ。
  
ブルームバーグ・ニュースの集計データによると、この支援は信用危機の初め以降に英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコッ
トランド・グループ(RBS)やロイズ・バンキング・グループのアイルランド部門のテコ入れで投入された。英最大の国有
銀行のRBSは、2009年末時点でアイルランド資産の少なくとも119億ポンド相当が英国の公的資金を裏付けとする資産
保証スキーム(APS)の対象となっている。ダブリンの会社登記所の記録によると、RBSはまた、アイルランド部門のアル
スター銀行に今年1月までに27億1000万ポンドの追加資本を注入した。国有銀のロイズは2010年までにスコットランド銀行
(アイルランド)部門に総額44億5000万ユーロ(約37.8億ポンド)の資本注入を行っている。
  
シティグループの元マネジングディレクターで現在はロンドンのカス・ビジネススクールでコーポレート・ファイナンスについ
て講義するピーター・ハーン氏は、「英国は既にアイルランドの銀行にひざまでつかっている」と述べ、「アイルランドの銀行
に対するリスクをどれだけ抱えているかが判明してくれば、不安が広がるだろう」と語った。

国際決済銀行(BIS)によると、アイルランドの銀行に対する英銀のエクスポージャーは3月末時点で2220億ドル(約18兆
5000億円)と世界で最も多い。英政府が83%出資するRBSは9月末時点のアイルランドでの融資残高が533億ポンド。
英政府が41%保有するロイズの6月末時点のアイルランドでの融資残高は266億8000万ポンド。

両行はアイルランドの約10年間にわたった不動産バブル期に同国の住宅・商業用不動産に投資、バブル破裂で多額の
不良債権を背負うことになった。

962 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/19(金) 15:21:41 ID:88Z6MY/o
http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704104104575621952890262526.html
Irish Grasp at EU, IMF Lifeline  NOVEMBER 19, 2010
Dublin Admits It Needs a Rescue; Moment of Truth for 16-Nation Euro Zone
By DAVID ENRICH And CHARLES FORELLE
アイルランドの金融危機、EU/IMFの救済は、ユーロ圏にとっても正念場(部分抜粋)  WSJ、19日

DUBLIN?The Irish government all but buckled to pressure to accept a historic international bailout Thursday,
capitulating after a week of intense lobbying from officials across Europe and spurring questions about which other
European economies will need a helping hand. Ireland's central-bank governor and finance minister acknowledged for the
first time Thursday that the country needs help rescuing its banking industry, which has been crippled by losses on sour
loans.
EUとIMFの圧力に抵抗していたアイルランド政府は、木曜日に其の歴史的な救済策を受け入れることにした。これによって
後どれだけのユーロ圏の国が、EU/IMF支援を必要とするのかという疑問が起こる。アイルランドの中央銀行総裁と財務相
は、アイルランド国内の不動産バブル破裂で不良債権による破綻に瀕している銀行セクターの支援のために外部の支援が
必要であると、初めて認めた。
(中略)
It is an equally pivotal point for the 16 nations that use Europe's common currency. After rescuing Greece in the spring,
European leaders are now betting that if they extinguish the financial crisis engulfing Ireland, it won't spread to other
euro-zone weak spots. But with bond markets continuing to punish those countries, new bailouts may be needed
soon?a prospect that some believe will call into question the durability of the euro as a common currency.
アイルランドのみならず、16ヶ国の参加するユーロ圏諸国にとっても、この事件は重要な契機で、ギリシャについでアイルラ
ンドの救済に手を染めたEUは、アイルランドの金融危機が他国を巻き込むことを防止すべく賭けに出ている。アイルランドの
危機が他の経済の弱体化した国に及ぶことを避けたい。しかし国債市場では、それらの国の国債が罰せられて(高イールド
になって)いて、別の国への救済が早期に必要ではとの憶測され、一部にはユーロの耐久性を疑問視する向きもある。

Anxiety about Ireland has rubbed off on other financially shaky euro-zone countries. On Wednesday, Portugal shelled out
a lofty interest rate to attract investors in a routine auction of government debt. On Thursday, a Spanish auction fared
better, but the country still had to offer a yield that was about half a percentage point higher than when it last issued
debt two months ago.(ry

▼ 983 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/11/19(金) 17:28:44 ID:HOsbn1u6
>>962
>銀行セクターの支援のために外部の支援が必要であると、初めて認めた。
やっと、というかやっぱりな感じが否めないってとこだろうか

>しかし国債市場では、それらの国の国債が罰せられて(高イールドになって)いて、別の国への救済が早期に必要ではとの憶測
これはハイイールド債って事で捉えて良いのなら、イールドカーブで言う所の将来リスクがあるから
長期には手が付きにくいはず。イールドスプレッドも見ながら、フランスやイギリスの例もあったけどエクスポージャーと
プライマリーバランスについては一定均衡以上の収支が無ければ、つまり外電さんの持ってきた、まんが「欧州の頭痛」
をふまえて言わせて頂くとドイツなどは頭痛薬を絶えず持たなければならない。やっぱり伝染していくのかな?
いづれにしろある範囲の国においては厳しそうだな。




人気ブログランキングへブログランキングはじめました。我が党の素晴らしさを広めるためにクリックお願いします___
海外情勢>EU の最新記事 EUは過去のリビア向け武器輸出の亡霊に悩まされる鴨[02/24] 他 次期ECB総裁有力候補のドラギ氏、イタリアの負のイメージが障害か[02/25] 他 メルケル独首相の決意試す事態に−市議会選で大敗、欧州支援難航も[02/22] 他 ECB当局者が利上げ支持を相次ぎ示唆−バイアス変更の布石か[02/21] 他 「国の恥」イタリア女性が買春疑惑の首相に辞任求め100万人デモ 他 ヨーロッパのCo2排出権取引市場の詐欺行為 他 キャメロン首相 「英国での多文化主義は失敗した」 英国、高速鉄道建設計画に中国製の車両を導入か 他 BBCが中ロ向けラジオ番組廃止 政府の経費節減で[01/27] 他 仏蘭西で高まるナショナリズムに対して、サルコジ大統領は対応の必要性に迫られる[01/18] 他 ドイツはユーロ圏共同債券に反対=経済相 [01/20] 他 イタリア首相と買春疑惑をもたれている18歳の相手が口止め料500万ユーロ(約5億5千万)を要求か[01/18] 他 深まる欧州の苦悩、債務再編にいよいよ現実味[01/12] 他 未成年者買春疑惑で伊首相を捜査  【ユーロの過激な悲観論】The Euro Is Dead ユーロは死んだ 他 アナーキストの復活について−EU 他 ユーロ圏の国債発行、新年早々に大きな試練 他 スペインがアイルランドのような危機に陥らない為の方策について 他 スペインで “ファイル共有サイト” に関する法案が否決[12/24] 他 欧州各地で緊縮策に抗議 EU首脳会議前にギリシャなど[12/15] 他
posted by J・P・ポポナレフ at 15:00 2010年11月30日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外情勢>EU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※言及リンクのないトラックバックは受信しますが、ここの管理人から非難の言葉を投げられることがあります。覚悟の上でお願いします。
この記事へのトラックバック

最近の記事一覧

Powered By 我RSS

Twitter・はてブで人気の記事


LogPo!2chねとしん(インターネット新聞)まとめじゃ!R-navi2chまとめちゃんねるまとめちゃんねるまとめちめちゃんねる by 2ch
Powered By 画RSS
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。