スポンサードリンク

【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 第25話:クイズ・どっちを使う? ヒント

このエントリーをはてなブックマークに追加
  2010年11月22日  | 0comments  | AA長編(完結)>やる夫で学ぶ法律学



231 名前: ◆jdzUxNcg/.[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:42:01 ID:sWQckoQk [1/10]
こんばんわ。
もしかしたら「傍論」とかいつかやったほうがいいのかね・・・・・・
やるとしたらあの判例になっちまうからなあ。

というわけでやんねえ香先生投下します。

232 名前: ◆jdzUxNcg/.[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:42:18 ID:sWQckoQk [2/10]

    _  ト、  ト、
  .≦::::::``::::::`ヘ,l::)
 ,. '::::::::::::::;.、:::::::|::::|::``ヽ
´:::::::::{::::;/゙.__';:::|::::|:::::::::::`ゝ
リル:∠レ゙r=_ニニヽ|::::|ハ::::::::ヾ
 レ.ヾ|!   ┴'  .}:::|トi::::::ト、ノ             よぉ。やらない香だ。
  |::|! ,,_    .|:::|{::::::{
  |:::「´r__ァ   |:::| {:::::::{
  |:::|ヽ ‐'  ,.|:::|.{:::::::::ゝ、ノi
  |:::| ヽ__,.. ' .ノ::ノ{::::::::::::::::::(
  |:::| /⌒`  ̄ `{:::::::::::::::::::ヽ、
  レ゙/       .{::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,'        .{:::::::::::::::::::::::::::::ト、
    {        .{:::::::::::::::::::::::::::::} }
   i   ヽ    j{::::::::::::::::::::::::::::} .l
   ト、    }   /.{::::::::::::::::::::::::::} |
   ! ヽ      | {:::::::::::::::::::::::::} |
   { |     } | {::::::::::::::::::::::::} |
   ヽ |     i  | .{:::::::::::::::::::::::} |
    { |     l   | .{:::::::::::::::::::::}/ |

233 名前: ◆jdzUxNcg/.[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:42:35 ID:sWQckoQk [3/10]


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


                    ●


         ,ィ ,イ/⌒Z__
        ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
      ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶      よぉ。やんねえ香だ。
      /::::::::::::|::|:ノナ弋:::/弋|::|::::ハl
      人λ:::::(| |●   ●::ノレ´        みんな元気にやってっか?
         |:::::::|::|⊃、_,、_, ⊂ノ:|
        .|:::ヽ> 、 __ ,l⌒ヽ|
       |ノ:/ \ヽ::ヾ三|::i   i
       | ,ミ_::::コ ヾ、:::∨ツ l  |

234 名前: ◆jdzUxNcg/.[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:42:50 ID:sWQckoQk [4/10]


      ,ィ ,イ/⌒Z__     .━┓
     ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧   ┏┛
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ  ・
   ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶
   /::::::∪:|::|:ノ\ヽ::/,__.|::|::::ハl          えっ、「やらない香」? だれだ、それ?
  .人λ:::::(| |( ●) .(●::ノレ´           オレのニセモンか?
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::|             まあいいや。
   、ノ:::::::|::| ヘ ∩ ノ ⊃|             早速今回のヒントに行くゼ。
   冫/ ヽ|7{/ _ノリ
    (.  \ / ./_ノ │
    \/彡} .∠{;|_|___|
.     .ヽ//___}ミ/

  
235 名前: ◆jdzUxNcg/.[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:43:09 ID:sWQckoQk [5/10]


       ,ィ ,イ/⌒Z__
      ( |/:::´:::::::::::::::::::::::≧
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l:::l::::::丶       まず今回の第一問。
    /::::::::::::|::|:ノナ弋:::/弋|::|::::ハl       >>219さんの言うように、民訴法の大問題「訴訟物理論」が絡んでくるぞ。
   .人λ:::::(| |( ⌒) .(⌒::ノレ´
 .     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ::|          つうか前回といい今回といい、
      .|:::::::|::ト、    ̄ノ::|::|          最近のスレ主は学界の大きな論点ぶつけてくることが多いなw
    、ノ:::::::|::|:::l__i゙::::::|::|
     ヽ:, ─リ´/ハ:::ハヘ-リ---、
     /::レ゙/ ./ /:/ /.ヘ ヾ  .}
    .{::/ < ./ /:/ / .》  .`, .|
     {:l  ヘ{ .{:::{  {/    } |
     {::ゝ  { {:::{  {    ノ .|


      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::::丶
   /::::::::::::|::|ノナ弋:::/弋|::|::::::ハl        その前に「訴訟物」だが・・・・・
   人λ::::(| |( ー) .(ー::ノレ´__
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|二∠三,,)      まず、民事訴訟で訴える際には、なんらかの権利主張が必要になる。
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::| /  /         その「権利」のことを「訴訟物」っていうんだ。
   、ノ:::::::|::| ヘ_...い:::::|::|  /
   .ヽ::::/ リハ.|ハ:::ハlヽ.リ]           まあ「審判の対象」だな。
    /::,´Υ ハ  |::|  .Yヘ  ヽ
    {:::l {´ < |  .|::|  | >  }

236 名前: ◆jdzUxNcg/.[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:43:23 ID:sWQckoQk [6/10]


          , _
       __≧::::\ ト、ト、
      ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
     ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\      そして民訴法114条の「主文に包含するもの」というのは、
   ヽル:::::::|::|ノナヽノナ弋:|::|:::::::ト、|      訴訟物のことを指すといわれてるんだ。
     レ:::(|::|(●) (●)|::|):::リ
      .|::::|::| _ ____   |::|::::|        だから訴訟物が同じだと、これを前提に訴訟がなされることになる。
      .|::::|::レ゙ }     ノ|::|::::|        なんら証拠とかに変化がなければ却下だろ。
    ヽノ::/、 〈`i_____i´::::|::|::::し
     ヽ:,ハ ヽ Y`ー.、:ハへリ--ォ
     /::{ ヽ_ゾノ-‐゙ヽヘ \ヾ }
    .{:::{`¨´─'|  ヾヽヘ  》 Υ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第114条
 1. 確定判決は、主文に包含するものに限り、既判力を有する。
(2項略)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

237 名前: ◆jdzUxNcg/.[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:43:52 ID:sWQckoQk [7/10]


      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::::丶    と、いうわけで訴訟物ってのが極めて重要なんだが・・・・・・
   /::::::::::::|::|ノナ弋:::/弋|::|::::::ハl
   人λ::::(| |( ●) .(●::ノレ´       「新訴訟物理論」ってのと、「旧訴訟物理論」ってのの争いがあるんだが、
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|        判例・実務は一貫して「旧訴訟物理論」を採用している。
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::|
   、ノ:::::::|::| ヘ_...い:::::|::|
   .ヽ::::/ リハ.|ハ:::ハlヽ.リ ̄`ヽ     ビシッ
    /::,´Υ ハ  |::|  .Yヘ  ヽ.ヽ__,-ュ,,,,   て
    {:::l {´ < |  .|::|  | >  }彡__ 三) .(
                       " ̄


      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶          ところがこの問題、「旧訴訟物理論」を採ると、
   /::::::::::::|::|::ノナ弋:::/弋|::|::::ハl          結構大きな不都合が生じてしまうんだ。
   人λ/ ̄)( ○) .(○ノレ\ \
.    ./ /:| ,,  r‐ァ リ:| ξ三三3       っていうか、その不都合が大きいからこそ、
   / /:::|::|、     ̄ノく::| /  /        「新訴訟物理論」が出てきたともいえるんだが・・・・・・
 ξ三三3::|::| ヘ_...い:::::::|::|  /
  \  \リハ|ハ::ハlヽ リ]´
    /Y / ハ  |::|  .Yヘ  .ヽ
    {:::l {´< |  .|::|  | >  }


          , _
       __≧::::\ ト、ト、
      ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)
     ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
   ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\         まあそこは上手く判例法理が出来てるので、
   ヽル:::::::|::|ノナヽノナ弋:|::|/`iト、|        興味がある人はちょっと調べてみてくれ。
     レ:::(|::|(●) (●)|/  リ
      .|::::|::|  ャ--ュ  .||  /          ただ、これ、旧民訴法時代は、
      .|::::|::|ゝ   ̄  ノリ  ヒ           そもそもこの制度が使えるか、争いがあったんだけどな。
    ヽノ::::|::|:::::`i_____i:://  ,`弋ヽ       今は条文に書かれてるから、普通に使える。
     ヽ:, -リ//ハ - ′.Y´  , `ヽ`.l
     /::レ゙/ ./ ,〈  `ー〈::....ノ   V
    .{::/ < ./ /:ハ_ー 、 `ヾ_/ //
     {:l  ヘ{ .{:::{  {,,フ-、`ー┴‐-〃
     {::ゝ  { {:::{  {   `ー‐一′

238 名前: ◆jdzUxNcg/.[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:44:20 ID:sWQckoQk [8/10]


       ,ィ ,イ/⌒Z__
       ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::::丶
    ../::::::::::::|::|ノナ弋:::/弋|::|::::::ハノ
    人λ::::(|::|( ●) (●ノレ´             さて、問題2だが、
.      |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ|::|              衆院なり参院なりの完全比例代表制の違憲性だな。
      .|:::::::|::|、   ̄ノく:|::|
     、ノ::::::::|::| ヘ_ い:::|::|              そもそも比例代表制ってのがどういう選挙制か、
     .ヽ:::, ─リハ|ハ::ハハ,-リ--、            一番重要なのは、「政党」を基礎に置いた制度だ、ってことだ。
     /:| .y   | ヽ_/ /   ヽ
     {::.| イ.   ,'|   l)) | ', ヽ `、         逆に言うと「候補者本人」を選ぶ選挙制度ではない、ってことだ。
     {:::| `Y , |   }::| | ' ノヽ `、
     {:ξ三3 ',|  |::| l ,' / ζ三冫
     .i:::|  |   |  V l   |./ /
     ノリ|:  .|   |_ノ、__|   | /
       |  |_,|:.:.i:.:i:.:i:.:|_|
      n{   }.:i:.:.i.:.:i.:.:.i.:.:i:.:i::|
      ヽ////i.:.:i.:.:.i.:.:.:i.:.:i:.:i::|
      ´^7^^^^^^7l^^^^~^|^
        /    ./ |    .|

239 名前: ◆jdzUxNcg/.[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:44:51 ID:sWQckoQk [9/10]


        ,ィ ,イ/⌒Z__
       ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     ∠:::::::f::f:::::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶
     /::::::::|::|:ノ__人:::人ヾ:|::|::::ハl
     人λ(|::|( ●)  (●)|::|          となると、衆議院議員なり参議院議員なりになりたい人は、
 .      |:::|::|   、_,:  .リ|::|          絶対に政党に所属しないといけなくなる。
       .|:::|::|、     .ノく|::|          でもこれって・・・・・・憲法上問題にならないか?
    .iヽ_ノ:::|::|' ヘ___い;;;;;;|::|ノi
 ⊂⌒ヽ::::::厂リ/{lハ::ハ1}'、 .|ノヽノ /⌒つ    あと議員としての行動も政党に縛られすぎるんじゃないのか?
   \  v y.< {  {::}  } >ヽ v  /


      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶
   /::::::::::::|::|:ノナ弋:::/弋|::|::::ハl         逆に国民の側から見てみると、
  .人λ:::::(| |( ●) .(●::ノレ´          「候補者」じゃなくて「政党」を選ぶ形が、
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|            選挙の原則に反する、という可能性もあるわな。
   .ヽ ノ:::::::|::|、    ̄ノく|::|
   .冫:::: i⌒\_7ヘ::ハ,、-リ            もっとも比例代表制の違憲性については合憲判決が出てるが。
    {:::::::::l,`彡巛ー──;\
    {:::::::::::| `冫-rr-r-く_)
    ヽ:::::::ヾ. ..ヽノ::{:::}::ノ/ノ
     ルヽノ)  |  {:::} | .i

       ,ィ ,イ/⌒Z__
       ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::::丶
    ../::::::::::::|::|ノナ弋:::/弋|::|::::::ハl     ちなみに選挙制度というのは、それぞれの制度に長所短所がある。
    人λ::::(|::|( ー) (●ノレ´        まあ、この際だからいろいろと考えてみるのもいいかも知れねえな。
.      |:::::::|::| ,,  .r‐ァ リ::|
      .|:::::::|::|、   nl^l^l::|         例えば比例代表制が「死票が少ない」「少数党乱立で政権不安定になる」とか、
     、ノ::::::::|::| ヘ_「   ノ:|         そういうことは政治経済とか公民で習うけど、
     .ヽ:::, ─リハ|ハ::ヽ, .くリ--、       本当にそういう政治的なところだけで考えていいのか、ってことだな。
     /:| .y / | ヽ::}ヘ  \、ヽ
     {::.| イ <  .| . .}::}.'iヽ、__)ミ.}      と、いうわけで、今日のオレのコーナーはここまでだ。
     {:::|.. `Y ヽ |  |::| |,弋彡ノ      詳しい解説は月曜と火曜、夜10時な。
     {:ξ三3 `|  |::| |  l´

240 名前: ◆jdzUxNcg/.[sage] 投稿日:2010/11/21(日) 21:45:12 ID:sWQckoQk [10/10]
以上でございます。ご清聴ありがとうございました。

続きます

まとめへ



人気ブログランキングへブログランキングはじめました。我が党の素晴らしさを広めるためにクリックお願いします___
AA長編(完結)>やる夫で学ぶ法律学 の最新記事 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 まとめ 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 最終話:弁護士の資質 政治家の資質 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 第31話:一連の小向事件をこのスレ的に見てみる 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 第30話:「無罪が確定したので正直に言います。私が車を運転して死亡させましたww」の事件について 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 第29話:代理権のお話 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 第28話:都条例問題再び… その1 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 第28話:都条例問題再び… その2 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 第28話:都条例問題再び… その3 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 第27話:東京都の青少年健全育成条例について 前編 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 第27話:東京都の青少年健全育成条例について 後編 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 第26話:クイズ・政治資金と株主代表訴訟 解答編 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 第26話:クイズ・政治資金と株主代表訴訟 ヒント 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 第26話:クイズ・政治資金と株主代表訴訟 問題編 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 補足・選挙制度について 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 第25話:クイズ・どっちを使う? 解答編(問題2) 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 第25話:クイズ・どっちを使う? 解答編(問題1) 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 第25話:クイズ・どっちを使う? 問題編 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 補足小ネタ1:逮捕と起訴便宜主義 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 第24話:クイズ・尖閣のビデオ 解答編(前編) 【AA長編】やる夫で学ぶ法律学 第24話:クイズ・尖閣のビデオ 解答編(後編)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※言及リンクのないトラックバックは受信しますが、ここの管理人から非難の言葉を投げられることがあります。覚悟の上でお願いします。
この記事へのトラックバック

最近の記事一覧

Powered By 我RSS

Twitter・はてブで人気の記事


LogPo!2chねとしん(インターネット新聞)まとめじゃ!R-navi2chまとめちゃんねるまとめちゃんねるまとめちめちゃんねる by 2ch
Powered By 画RSS
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。