スポンサードリンク

海外評論「今の中国は19世紀の日本とそっくりに見える」

このエントリーをはてなブックマークに追加
  2010年10月04日  | 0comments  | 外交>未整理_



500 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 10:44:25 ID:W/DGK/Zr
以前徳川家広氏の本で、戦後日本人は軽武装経済重視の
いわゆる戦後平和主義によって復興と成長を果たしたことを
自らの自信と誇りの拠り所としてきた、みたいなことを読んで、
なるほど、そうだったのかと感じたわけだけど、それゆえに
今回の事件は「平和主義による日本の繁栄」という戦後日本の
大前提が根底から覆されたも同然なわけなんだけど、
そのことを理解してる人はどれくらいいるんだろうか?
他のところで「戦後の平和主義日本は死んだ」と書いたら、
どうもそこのところに強く反発されたような気がする
(とりわけ団塊あたりの反発を買ったのではないかと思うが)。
言うまでもなく、皇室ある限り日本は不滅である
(だから日本そのものが死んだとは一言も言ってないのだが)。


▼ 504 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 11:03:57 ID:Z+LLxFqw
>>500 朝鮮戦争やベトナム戦争に加えて中国の文化大革命など
周辺国では頻繁ではないが紛争があった

その時に日本は特定の資源国と先進国と密接に付き合っていたので
平和主義幻想が維持されたといえるんじゃないかな

新興国とさらに密接に付き合うには紛争が日常の国々とトラブルを
対処する気概が必要

中国は尖閣諸島を取る気でいるんだから

▼ 505 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 11:04:38 ID:UUkfh3Nk
>>500
なんだか凄く納得してしまった



戦後レジームからの脱退をマスコミと左派政権が成し遂げる
胸が熱くなるな

  

▼ 515 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 11:21:49 ID:w4gR4Ca7
>>505
これからは、朝貢だよ。やったね。

▼ 519 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 11:25:14 ID:1Kxz/Y+P
>>515の財布から朝貢品の費用が…

▼ 577 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 14:45:04 ID:IdPTyY/l
>>500
>いわゆる戦後平和主義によって復興と成長を果たしたこと

その前提が冷戦で終焉した事にきづいていない日本人が多数なのが問題の一つかと


▼ 584 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 14:58:29 ID:W/DGK/Zr
>577
冷戦の終結は、共産主義の理想の無効が証明されただけでしたからねえ。
さすがに冷戦構造が日本の高度成長を支えていたと理解するのは難しいですから。
あの後、日本中の経済学の中身が変わったとか聞きました。
でもこれで、イヤでも自分たちが蛮族に狙われてるって分かったでしょう。

501 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 10:50:40 ID:GsKdz+QD
戦後は終わった、今は戦前だとひしひしと感じる

506 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 11:07:24 ID:Q2yQn5XQ [4/11]
防衛予算10倍にしたところで
いまの大量破壊兵器状態じゃあんまり安心できるともおもわんしなあ

647 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 19:21:47 ID:5yBBbReg
昨今の中国の軍事力拡大に警鐘を鳴らす欧米の評論が増えてきて、「今の中国は19世紀の日本とそっくりに見える」と
いった言辞が多数のコメンテーターによって発せられている。些か複雑な気分

http://www.latimes.com/news/opinion/commentary/la-oe-mcmanus-column-china-militarism20100926,0,769043.column
China's growing military clout and East Asia's future By Doyle McManus September 26, 2010
増大する中国の軍事力の影響が東アジアの将来に影をおとす By Doyle McManus  LAタイムズ

During a just-completed 10-day trip to China and the Pacific, I heard Chinese officials and scholars
denounce the U.S. military presence in Asia with rhetoric that seemed resurrected from the Cold War.
最近10日間の中国と周辺国への旅行で、私は中国の学者や高官からアメリカのアジアに於ける軍事的プレゼンスについて
冷戦時代に聞いたような非難を聞かされた

I heard things like this: "We see the Obama administration forming close relationships with other countries
against China," said Liu Guijin, an advisor to China's Ministry of Foreign Commerce. "I think it will be
destabilizing."
「オバマ政権が中国に対抗して周辺国との親密な関係を構築しているが、それは状況を不安定化させる」と中国外交部の
アドバイザーであるLiu Guijinがいう

Or this: "Suddenly, the United States is behaving aggressively toward China," complained Fan Gang, a
leading Beijing economist and former government official.
前中国政府高官で主要なエコノミストであるFan Gangは「突然、アメリカは中国に向かって攻撃的に振る舞い始めた」という

And, in the middle of what increasingly sounds like Cold War-era saber-rattling ― or, worse, the military
rivalries of the late 19th century ― smaller countries in East Asia are trying to figure out what it means
for their future.
起こっていることは、冷戦時代の軍事的威嚇合戦というか、あるいは、さらに悪く19世紀の帝国主義時代の大国の対立のような
ものであり、東アジアの小国は、それが自国の将来に与える影響を考え、活路を見出そうとしている

648 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 19:22:29 ID:5yBBbReg [17/23]
Some, like Vietnam and Singapore, have asked the United States to keep a big military force in Asia to
counterbalance Chinese power. "America plays a role in Asia that China cannot replace," Singapore
Prime Minister Lee Hsien Loong told the Wall Street Journal last week.
ベトナムやシンガポールはアメリカに対して中国にカウンターバランスする為に軍事力のプレゼンス継続をもとめている。
シンガポールのリーシャンロン首相は「アメリカのアジアにおいて果たす役割は中国では置き換えられない」という。

For now, China seems to be simply testing its neighbors ― and the United States ― to see what it can
get away with at a time when the Obama administration has its hands full in Afghanistan. But that may
turn out to be a counterproductive foreign policy. Because of China's truculence, U.S. relations with Japan,
Korea and Vietnam have almost never been better.
現在のところ、中国は周辺諸国とアメリカをテストしているように見える。オバマ政権がアフガニスタン対応で手一杯の時期に
中国は何が得られるのかを見てみようとしている。しかしそういうやりかたは逆効果でもあって、そういう中国の喧嘩腰の姿勢
は日本、ベトナム、韓国などとアメリカの協力関係をかってないような良いものにする。

Over the long run, though, China's new assertiveness is likely to continue. The underlying causes
―growing economic power, a gnawing need for oil and mineral resources, a history of well-founded
grudges against foreign imperialists, a normal dose of old-fashioned nationalism ― are still there.
中国の強硬姿勢は長期的に継続すると思われる。経済成長は石油や原材料をさらに必要とし、中国がかって帝国主義の大国
に侵略されていたことへの反感や、古くさいナショナリズムなおも作用している。

The last time a new economic power rose in Asia and acquired great-power military clout, it was the 19th
century and the new power was Japan. That story turned out badly ― for Japan, China and everyone else.
19世紀にアジアに台頭した新興軍事勢力は日本であったのだが、その後の歴史は日本や中国にとって、さらに他国にとって酷
いものであった

Managing the impact of China's rise to great-power status ― and with it, the loss of our own near
-monopoly over military power in the Pacific ― is one of the great challenges of U.S. statecraft in our time.
How the process turns out could determine whether East Asia's 21st century is marked by peace or war.
中国の軍事大国としての台頭に対処することは、アメリカの太平洋に於ける単独軍事覇権の喪失の危険に対処することで、
我々の世代のアメリカ国家にとっての課題である。そのプロセスがどうなるのかは、21世紀の東アジアが戦争の時代か、あるいは
平和の時代かを決める。

▼ 657 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 19:45:47 ID:w4gR4Ca7
>>647-648
というか、これを叩頭して有り難がっている読者と日本人がバカなのだ。

▼ 662 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 19:53:26 ID:R+sapgKe
>>657

自分らがアジアを植民地にしてたことをなかったことにしてるな。


▼ 734 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:12:00 ID:cJIy6zrK
>>647
欧米のマスゴミは共産主義者に迎合してることがラルフ・タウンゼントの「暗黒大陸中国の真実」に書かれてるよ。

▼ 650 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 19:34:48 ID:Z+LLxFqw
>>647 当時の日本も国全体の利益や将来を考えず進出しやすい
場所に軍隊を派遣していったからな

まるでアメーバのように四方八方に手を伸ばしている中国ほど
ではないが

▼ 654 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 19:42:58 ID:w4gR4Ca7
>>647
19世紀、つまり1900年までの日本を否定するなんて
欧米は本当に馬鹿だなぁ。

▼ 655 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 19:43:53 ID:XW+vVon7
>>647
日本は欧米に馬鹿にされないように、きちんとルールは守っていたんだけどさ…
中国がルールを守っているように見えるのなら、欧米のマスゴミは馬鹿だと思う。

▼ 658 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 19:46:20 ID:Q2yQn5XQ
>>655
国際法の優等生だったのは日露戦争までじゃないかな
その後も特にひどいってことはなかったとはおもうけど

▼ 661 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 19:51:35 ID:W/DGK/Zr
>655
そうだけどさ。
外人には日本人と支那人の区別つかなかったからね。
で、あの時代は日本も支那も、
移民が安い給料で仕事してたから目の敵にされたからね。

▼ 663 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 19:54:34 ID:q2fRgabr
>>661
区別がつかないって、いったいいつの時代の認識だと(ry
今はハッキリ区別ついてますよ。

▼ 668 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 20:03:48 ID:XW+vVon7
>>661
元記事読んでよ…
「19世紀の日本」と「21世紀の中国」が同じだと書いてあるんだけどさ。

▼ 676 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 20:13:25 ID:W/DGK/Zr
>668
ううん・・・やはり黄禍論の一種に見えてしまうんじゃないかな、
欧米にとっては。
非白人国が勃興してるってだけで。

▼ 688 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 20:41:36 ID:q2fRgabr
>>676
最近欧米に住んだ事ある?

▼ 690 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 20:44:15 ID:W/DGK/Zr
>688
5年くらい前に一度。


▼ 695 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 20:46:54 ID:q2fRgabr
>>690
五年前は微妙なとこかもな。
ここ数年で、中国に対する嫌悪感とかウナギ上りだからw
アジア人の区別がつかないとか言う以前に、中国は嫌う対象として目立って区別できるようになってるよw

▼ 699 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 20:57:28 ID:W/DGK/Zr
>695
嫌悪の対象ってことはなかったね。
中国人以外にもいろいろいたのもあるかな?
でもまあ、日本人は町中では大抵中国人と間違えられるw



▼ 721 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 21:41:10 ID:q2fRgabr
>>699
嫌悪の対象ってのは言いすぎだが、普通に嫌われてた。
中国人本人も、嫌われてるって認めてたしw

中国人ばかりの場所とか、アジア人がほとんどいない場所ではそうかもな。
自分がいたとこはそれなりに日本人もいたから、みんな見慣れてて
大半が中国人と日本人の区別ついてたよ。
中国人と間違えられる事はほとんどなかった。
もってる雰囲気が違うからね。

▼ 729 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 21:58:43 ID:VmaL+V7g
>>721
この「雰囲気」というのは不思議なものでね。自分は以前ヨーロッパへ
何度も出張した際、どういうわけか中国人に中国人と間違われる。なぜ
判るかといえば、中国語で話しかけられるから。自分がキョトンとしてる
と相手は「あ、日本人か」というわけで、びっくりするんだな。
こういうことは全部で十回近く、甚だしくは靖国の境内で台湾の人に
あっちの言葉で話かけられた。
一方、西欧人に中国人と間違われたことは一度も無い。
先祖は中国人だったのかもしれない。自分では中国人に似ているとは
全く思わないんだが、今もって不思議に思っている。

▼ 735 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:12:13 ID:R+sapgKe
>>729

俺は6代前くらいに中国人がいるらしいが、間違われたことは一度もないぞw
雰囲気なんかねえ。

▼ 736 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:14:26 ID:q2fRgabr
>>729>>735
自分自身見分ける時は、雰囲気でしたね。
まず気の強さが前面に出ている中国人と、優しさが前面にでている日本人とでは目つきが違いますし。l

▼ 747 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:42:54 ID:fCq+nrOl
>>736
近所(日本w)のスーパーでカップルが黙って立ってるだけだったのに
なぜか「あ、中国人だ」と思った。
話してるでもなし、服装も日本人と変わらないのに
我ながら「なんでそう思ったんだろ」と不思議に思ってたら
すれ違うときに二人が会話はじめて、それが中国語だった。

なんでわかったか、謎
雰囲気にどっか違和感あったのかなぁ

▼ 749 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:44:41 ID:sNW7i+91
>>747
通路の真ん中に立ってた。あと、立ってる間隔が微妙に遠い。
こんなところでは?

▼ 750 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:48:11 ID:fCq+nrOl
>>749
いや、入り口の脇に並んで立ってたよ

▼ 752 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:50:49 ID:W/DGK/Zr
>747
単にカップルだったからじゃね?
若い日本人で男女がくっついてるのに逢う機会はずいぶん減った。


▼ 764 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 23:52:34 ID:Ow6VgZlw
>>747
服装のセンスや組合せ、デザイン等が日本人と微妙に違うんだよ。
日本人でださい、イケてないセンスとも違う。

▼ 774 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/27(月) 00:49:12 ID:2+LJ7jV9
>>764
センスと言うか…色彩感覚だよ。
日本だと子供用衣料品(スーパーの2階とかの)でしかお目にかかれないような色合わせを大の大人がやってる。
まあこれは日差しによるとこが大きいんじゃないかって昔あちら帰りの人が言ってた。

現地で「あ、いいな」と思って買ってきた服を日本の陽の光で見ると
「この色はないわー」ってなっちゃうらしい。

▼ 778 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/27(月) 01:10:42 ID:sb3j6Wmj
>>774
自分は何となく「貧乏くさい」って思うけどなあ。
どんなにいいもの着ていても、品のなさというか余裕のなさというか、「とりあえず買って着てみました」感がありありと…

▼ 737 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:18:20 ID:wPemVYYy
>>729
もしかして辮髪とか額に「中」って彫ってある?

▼ 741 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/26(日) 22:30:05 ID:sNW7i+91
>>729
ふてぶてしいんじゃね?

776 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/27(月) 01:02:19 ID:P8BXEo+E
もはや今回の事件はパール・ハーバーだな。
直接武力衝突が起きた方がこれほど反中感情は高まらなかっただろう。


▼ 777 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/27(月) 01:05:58 ID:2nwNqDdd
>>776
いや、企業の倒産・買収や、軍事支出による財政破綻を引き起こすだろうから、
相当恨むと思うぞ。

かなりの人間が死ぬ。特に病院に居るような老人から死んでいく。

▼ 779 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2010/09/27(月) 01:15:56 ID:P8BXEo+E
>777
デフレ・ギャップ何兆あるか知ってるか?




人気ブログランキングへブログランキングはじめました。我が党の素晴らしさを広めるためにクリックお願いします___
外交>未整理_ の最新記事 斜陽日本、上り坂中国 若手経営者が見たダボス会議[02/05] 他 「沖縄の痛み分かち合う」=基地負担軽減を強調−日中改善に努力・首相外交演説 石井一副代表「尖閣で漁船がぶつかったとか、政治とカネだとか、普天間だとか。そんなこと、ちっぽけなことだ 他 首相、異例の外交方針表明へ…尖閣の反省踏まえ 他 仙谷氏、連合会長の苦言に「外交については戦略的に展開してきた。皆さん方には大局的に評価していただきたい」[12/01] ロシア・日本・中国関連情報も公表へ=スイス移住検討―ウィキリークス創設者 日米・日中・日露まで…菅外交「八方ふさがり」 北朝鮮紙「日本は身の程知らず」 常任理入り要請を非難 米、希土類(レアアース)生産の再開準備  中国の輸出制限に対抗 【日中】中国土石流災害で日本から援助=「政治の波あっても協力を」[09/26] 【尖閣衝突事件】やだ…地方議会の政府への意見書が止まらない… 【尖閣問題】 仙谷官房長官 「民主党には、中国とのパイプがないんだ」…岡田氏「次の外相の仕事だ」、前原氏「国連総会で頭いっぱい」 中国が輸出入検査強化、通関滞るケース頻発 外相が中国大使呼び、拘束邦人安全確保申し入れ 中国は丹羽大使面会を拒否 日中関係 事態収拾は長期化も 尖閣諸島をめぐる日中対立・・・そして勝者は誰かといえば・・・By Melissa Chan  アルジャジーラ 他 対日歴史認識で連携強化 中露首脳会談 首相ASEM出席へ 尖閣こじれ方針転換 中国「レアアースの輸出停止?ねーよ」 日本商社「輸出承認書が発給停止されてる…」 【尖閣問題】 民主・松原氏 「検察だけでなく、自民党政権にも大きな責任がある」…「責任」という言葉で自民党と検察を強く批判
posted by J・P・ポポナレフ at 07:00 2010年10月04日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外交>未整理_ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※言及リンクのないトラックバックは受信しますが、ここの管理人から非難の言葉を投げられることがあります。覚悟の上でお願いします。
この記事へのトラックバック

最近の記事一覧

Powered By 我RSS

Twitter・はてブで人気の記事


LogPo!2chねとしん(インターネット新聞)まとめじゃ!R-navi2chまとめちゃんねるまとめちゃんねるまとめちめちゃんねる by 2ch
Powered By 画RSS
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。